ドコモ光×DTIの評判でわかる速度の遅さ、IPv6などの全情報|ヒカリCOM

公開日:2018/12/17 更新日:2018/12/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はドコモ光のプロバイダ中でもサービスが充実しているDTIについて紹介します。

利用者が多いプロバイダなので、多くの評判がありました。

いろんなサービスの評判を参考にしながら、DTIについて紹介していきます。

もっと詳しくドコモ光のプロバイダの選び方を知りたい方はこちらもどうぞ!
ドコモ光プロバイダ徹底比較!速度や料金のおすすめと変更方法まとめ

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光×DTIの評判について

ドコモ光×DTIについて、評判をみながらどんなプロバイダなのかを紹介していきます。

紹介する内容は

・料金
・速度
・その他のサービス
・キャッシュバック
・初期設定
・問い合わせ
・解約の手続きについて

などになります。

ドコモ光×DTIの料金の評判について

まずはドコモ光×DTIの料金プランについて紹介していきます。

ドコモ光の料金プランはタイプA、タイプB、単独タイプの3つに分かれています。

さらにマンションか戸建かによって毎月支払う料金が決まります。

 戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円

タイプAとタイプBはプロバイダがセットになっているプランになります。

ドコモ光の選ぶプロバイダによって、タイプAになるのかタイプBになるのかが決まります。

プロバイダタイプ
ドコモnetタイプA
ぷらら
So-net
GMO
nifty
DTI
ic-net
タイガース
BIGLOBE
andline
シナプス
excite
エディオン
SIS
楽天
TiKiTiKi
hi-ho
ネスク
01光コアラ
OCNタイプB
TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
ちゃんぷる

タイプAとタイプBのサービス内容はほとんど変わりません。

なのでタイプBの中に使いたいプロバイダがないのであれば、タイプAからプロバイダを選んだ方がいいです。

ドコモ光×DTIはタイプAの料金プランになっていますので、一番安い料金でネットを使うことができます。

また単独タイプはプロバイダが別になっているプランです。

自分でプロバイダと契約しないといけません。

どうしても使いたいプロバイダがある人は単独プランを選ぶ人がいます。

ただプロバイダは毎月1,000円くらいかかるので、単独プランを使うとタイプBよりも高くなります。

結果的にタイプAを選んだ方が基本料は一番安くすみます。

基本料金の面ではドコモ光×DTIを選んでも損をすることはありません。

ドコモ光×DTIが安いという評判が多い

ドコモ光×DTIの料金の評判をみてみると、料金が安いという声が多いです。

また他の光回線を使っている人がドコモ光×DTIに変えると料金が安くなったという評判も多いです。

他の回線を使っている方であれば、契約の更新月で解約すれば解約金はかかりません。

またドコモでは工事費無料キャンペーンを実施している期間もあります。

更新月に解約して、工事費無料キャンペーンを使えば実施無料でドコモ光に切り替えることができます。

またドコモ光×DTIのようにタイプAを選べば安くネット回線を使うことができるようになります。

ドコモ光×DTIはスマホとセットで使うとお得

先ほども紹介したようにドコモ光×DTIは料金が安いという評判は多いです。

またドコモのスマホを使っている人で、ドコモ光を契約している人からもネット使用料金が安くなったという評判も多いです。

ドコモ光はスマホとセットで契約すると、スマホの利用料が割引されるセット割があります。

このセット割の割引金額は最大で毎月3,500円されます。

先ほどの口コミでもあったように、ドコモのスマホをもっている人であればドコモ光を選んだ方がお得にネットを使うことができます。

ドコモのスマホと光回線のセット割があるのはドコモ光しかありません。

ドコモのスマホをもっている人であればドコモ光回線を使うとスマホ代も安くなります。

またドコモのスマホはデータ使用料を家族でシェアすることで、月々の使用料を安くすることができます。

特に家族の全員がドコモのスマホを使っていて、ドコモ光を使いたいと考えている人は申し込むことをおススメします。

ドコモ光×DTIの通信速度の評判について

ドコモ光最大通信速度は1GMbpsとなっています。

ただこの最大速度の1GMbpsがいつでもでる訳ではありません。

ドコモ光はベストエフォート方式という通信速度の提供方法を使っています。

ベストエフォート方式とは利用環境、回線の混雑状況などによって通信速度が低下することを前提とします。

なのでドコモ光を使っていると最大で1GMbpsが出ることもあれば、通信速度が全くでないときもあるということです。

こちらはドコモ光だけでなく、他の光回線を使う場合も同じです。

ドコモ光×DTIのIPv6の評判

ドコモ光はベストエフォート方式を使っているので、常に一定の通信速度が提供されるわけではないことを説明しました。

そうであれば、どのプロバイダを選んでも通信速度は変わらないのでは?と感じる方もいると思います。

実はプロバイダが採用している、インターネットへの接続方式によって通信速度が速くなることがあります。

現在はIPv6とい接続方式がメインになっています。

このIPv6には3つの接続方式があって、プロバイダがどの接続方式を使っているのかによって通信速度が変わります。

PPPoE IPv6:速度改善がすくない
IPoE IPv6:一部のサイトでのみ速度改善される
v6プラス:全般的に速度改善されやすい。

v6プラスになっていると通信速度が速くなりやすくなります。

ドコモ光×DTIも2018年9月3日からv6プラスが使えるようになっていますので、通信速度が速くなりやすい環境になっています。

こちらの評判のように、V6プラスになったことによって通信速度が速くなった人もいます。

2018年9月3日以前からDTIを使っている人はv6プラスへの変更の手続きが必要になります。

手続きはホームページの『IPv6(IPoE)接続サービス』からできます。

またv6プラスに変更するときはV6プラスに対応しているルーターが必要になります。

こちらは自分で用意しなければなりません。

ただ2018年9月3日以降に新規やフレッツ光からの切り替えでドコモ光へ申し込んだ人であれば手続きなしでv6プラスを使うことができます。

さらにv6プラスに対応しているルーターを無料でレンタルすることができます。

ルーターのレンタル期間は2年間になっていて、レンタルを解除しなければ自動で2年間の契約延長がされます。

これからドコモ光×DTIを申し込む人であれば手軽にv6プラスでネットを快適に使うことができます。

また2018年9月3日以前からドコモ光×DTIを使っている人は変更手続きやルーターの準備など手間や出費が発生します。

v6プラスに対応していて、さらに無料でv6プラスに対応しているルーターを貸してくれるプロバイダもあります。

また同じv6プラスの接続方式を採用しているプロバイダであれば通信速度に大きな差はありません。

v6プラスの接続方式を使いたい人は他のプロバイダに切り替えるのもアリです。

ドコモ光×DTIの通信速度が速いという評判

ドコモ光の通信速度が速いと感じている評判がいくつかありました。

中には420Mbpsという優秀な通信速度でネットを使えている人もいます。

420Mbpsもでていれば、ネットゲームやゲーム機でのオンラインゲームも通信が遅れたりすることありません。

動画も高画質で観続けることができる速度になります。

また他の回線からドコモ光へ切り替えると通信速度が速くなった評判も多いです。

ドコモ光よりも最大速度が速い回線から切り替えた人でも、通信速度が上がった人もいるそうです。

ドコモ光に回線を切り替えただけで通信速度が上がったという声があるので、他の回線で通信速度に不満がある人は切り替えを検討するのはアリです。

またドコモ光でプロバイダをDTIにした人も通信速度に満足する人もいました。

やはりDTIは接続方式がv6プラスなので、安定してネットを使える人が多いようです。

さらに同じドコモ光のプロバイダであるドコモnetからDTIにプロバイダに変更すると通信速度が上がったという声もあります。

ドコモnetもv6プラスの接続方式ですが、DTIにすると通信速度が上がるケースもあるようです。

人気のプロバイダだと利用者が多いので、回線が混雑して通信速度が遅くなりやすいという評判もあったりします。

先ほどのツイートの方もドコモ光化×DTIは利用者が少ないので、ネット回線が混雑しないので通信速度が上がりやすいという意見になっていました。

ただこの意見に関してはあまり信憑性がないようです。

利用者が多いプロバイダを使っていても通信速度が遅くなることがなく、快適にネットを使える人もいます。

通信速度は使う環境や用途によって変わります。

評判をみる限りだとドコモ光×DTIを使うと通信速度があがる人もいます。

これからドコモ光に申し込む人であればDTIをプロバイダとして使うことはおススメできます。

またフレッツ光からドコモ光に切り替える人で、現在DTIを使っている人は無理にプロバイダを変更する必要もないです。

他のプロバイダを使っていて、通信速度に不満がある人もDTIに切り替えることで通信速度が上がりやすくなります。

ドコモ光×DTIの通信速度が遅いという評判もある

一方でドコモ光×DTIの通信速度が遅いと感じる人もいるようです。

今度はドコモ光×DTIが通信速度が遅いという評判について紹介していきます。

ドコモ光×DTIが遅いという評判に共通しているのは夜間に通信速度が遅くなっていることです。

そもそも夜間はどの回線やプロバイダを使っても通信速度が遅くなりやすいです。

あとで通信速度が遅くなる原因を紹介するので、そちらで夜間に通信速度が遅くなる理由を確認してください。

またこの評判で注目すべきなのは通信速度の測定値です。

どちらのツイートの通信速度もネット検索やYouTubeなどの動画を観るのであれば問題なく使えます。

しかしページによっては表示が遅くなったり、高画質な動画は遅くなったりする通信速度です。

ちなみに用途別に快適に使える通信速度の目安を紹介しておきます。

・LINE、メール:128kbps〜1Mbps
・ホームページ閲覧:1Mbps〜10Mbps
・YouTube動画:1Mbps〜20Mbps
・オンラインゲーム:30Mbps以上

こちらの通信速度の値を参考にすると10Mbps~20Mbpsくらいあるとネット検索や動画を観ることに関しては問題ないはずです。

またネットゲームやオンラインゲームをする人であればもっと通信速度が必要です。

ゲームによって通信速度の目安は変わりますので、ゲーム内容や機器ごとに目安を調べることが必要です。

先ほどのツイートをしていた人達の通信速度だと、遅いと感じる人はいます。

ドコモ光×DTIはネットの用途によっては通信速度が遅いと感じる人もいます。

ドコモ光×DTIの通信速度が遅くなる原因

ドコモ光でDTIで通信速度が遅くなってしまうのはプロバイダのせいだけではありません。

住んでいる建物や先ほど紹介した利用時間によって通信速度が遅くなることがあります。

特に通信速度が遅くなりやすい原因を紹介しておきます。

・マンションタイプは通信速度が遅くなりやすい
戸建てよりもマンションの方が通信速度が遅くなりやすいです。

これは回線の引き込み方が異なるためです。

ネット回線は電線と同じように電柱から建物へ引き込みます。

戸建ては電柱から家にネット回線を引き込むだけです。

ただマンションは電柱から建物にネット回線を引き込んだあと、そこから各部屋に引き込んでいきます。

電柱から引き込んだ1本の線ネット回線をマンションの住民と分け合って使うことになります。

その場合マンションの人達が同じ時間にネットを使うと、通信速度が遅くなっていきます。

マンションタイプで使っている人は戸建ての人よりも通信速度がでにくくなっています。

・マンションがVDSL配線だと遅くなる
マンションには2種類の配線方式があります。

光配線とVDSL配線があって、それぞれ最大速度が違います。

・光配線:1GMbps(1000MBPS)
・VDSL配線:100MBps

VDSL配線方式は光配線の10分の1しか最大速度がでません。

VDSL配線方式の場合だと、v6プラスの接続方式を使っているプロバイダをつかっていても最大速度は100MBpsです。

またVDSL方式は配線元から離れるほど、通信速度が遅くなります。

ネットの配線元から遠い部屋に住んでいる人は通信速度がさらに遅くなります。

マンションに住む人は配線方式を確認したほうがいいです。

VDSL配線方式の人であればWiMAXやSoftbankエアーなどを使ったほうが通信速度が速くなる場合があります。

・夜にネットを使うと通信速度が遅くなる
先ほども紹介しましたが、夜間は通信速度が遅くなりやすいです。

特に21時~23時は通信速度が遅くなりやすい時間です。

ネット回線は利用者が集中すると、通信が混雑して通信速度が遅くなってしまいます。

特に22時あたりが一番ネット利用者が多く、通信速度が遅くなりやすい時間になっています。

昼間なネットが問題なく使えていても、夜になると急に通信速度が遅くなるのはネット回線の混雑が原因です。

また土日や祝日は1日を通してネット利用者が多いため、平日よりも通信速度が遅くなりやすいです。

以上が通信速度が遅くなる原因ですが、他にもたくさんあります。

先ほど紹介したものはプロバイダがv6プラス接続方式を採用していても、通信速度が遅くなる原因になっています。

ドコモ光×DTIの初期設定が難しいという評判が多い

ドコモ光の工事までは作業員がやってくれますが、そのあとのネットへの接続設定は自分でしなければなりません。

ネットを初めて使う人や設定に慣れていない人はこのネットへの接続設定で時間が掛かってしますことが多いです。

中には設定に1時間以上かけてもネットが繋がらない人もいます。

またネットへ接続できてもメールやセキュリティ、Wi-fiルーターの設定など、多くの初期設定が必要です。

全部含めるとネットの設定になれている人でも1時間以上かかることも想定されます。

ネットへの接続設定はネット回線工事の前日までにプロバイダが郵送で送らてきています。

そちらを確認しながら接続設定をしていくといいでしょう。

またメールやセキュリティサービスもドコモやDTIなどのホームページに記載されています。

他のプロバイダと契約している人であれば、プロバイダごとのホームページを確認してください。

ドコモ光×DTIのリモートサービス・訪問サービスを使う

ネットの接続が不安なかたはドコモ光×DTIのサポートサービスを使うことができます。

こちらを使えばネット接続やそのほかの設定について、遠隔操作で解決してくれたり訪問して設定をしてくれたりします。

・訪問サポート
365日の9時~21時の間であれば実際に自宅まで作業員が来て、ネットや機器の設定をやってくれます。

ドコモ光×DTIに申し込んでから、最初の1回目であれば無料で訪問サポートを受けることができます。

これからドコモ光×DTIに申し込む人で、ネットの設定に不安がある人は是非使ってほしいサービスです。

また訪問サービスは基本料が5000円で内容によって、さらに価格が変わります。

2回目以降に訪問サービスを使う人であれば、料金が発生するので気を付けてください。

・リモートサービス
DTIのサポートセンターの人がパソコンやスマホを遠隔操作して設定してくれるサービスです。

またメールの設定やブラウザの設定、パソコンのトラブルなどがあった場合も対応してくれます。

SILK Touchというソフトを入れることで、無料で何度でもサポートをうけることができます。

ただDTIのカスタマーセンターの人に自分のスマホやパソコンのデータを見られてしまうので気を付けてください。

ネットの利用に慣れていない人は最初に訪問サポートを使って初期設定をしてもらって、あとでわからないことやトラブルが発生した時はリモートサービスを使うのが賢いです。

ドコモ光×DTIのサービス内容の評判はない

ドコモ光×DTIにはいくつかのサービスがあります。

・メールサービス
メールは10アドレスまで作成することができ、ドコモ光×DTIに契約している間はずっと無料で使えます。

ただし、DTIを解約するとメールが使えなくなるので気を付けてください。

・セキュリティサービスについて
ドコモ光×DTIに申し込むとマカフィーというセキュリティソフトが最大12ヶ月間無料で使えます。

12ヶ月以降は毎月500円(税抜)を支払えば継続して使えます。

スマホやパソコンなど、最大3台までセキュリティソフトをインストールすることができます。

セキュリティの内容は下記の通りです。

ウイルス・スパイウェア対策
Webサイトの安全性評価
フィッシング・個人情報保護
脆弱性スキャナー
双方向ファイアウォール
外部メディアのスキャン
保護者機能
True Key
バックアップ
紛失/盗撮防止
ゲームモード

使える機能はスマホやPCによって使えるサービスが異なりますので確認してください。

また迷惑メール対策も提供されています。

着信するメールの大半は迷惑メールで、危険なメールや不快なメールです。マカフィーの迷惑メールやフィルターは、このような危険から常時保護します。

ドコモ光×DTIは10個のアドレスをつくることができるので、迷惑メールソフトがあると安心です。

・DTI club off 会員優待サービス
DTI Club Offは宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、ホテルレストランの飲食代金などが特別優待価格で使えるサービスです。

ドコモ光×DTIのサービス内容の評判が少ない理由

先ほど紹介したサービスへの評判は残念ながらほどんどありませんでした。

他のプロバイダでも実施しているサービスなので差がつかないのと、現在はGmailなど無料でメールアドレスを取得できるサービスもあります。

メールサービス自体を使う人が少ないため、評判は少なくなっています。

セキュリティソフトに関しても無料使えるサービス、パソコンやスマホにもともついている場合もあります。

またウイルスなどの感染の恐れがあるページは検索されにくくなっているので、ウイルスに遭遇する確率も減ってきています。

どちらのサービスもドコモやプロバイダは紹介程度で、ほとんど力を入れていないサービスになっています。

またDTI club off 会員優待サービスはDTI独自のものですが、こちらも評判がほどんどありませんでした。

あまり使われていないサービスであることがわかります。

セキュリティや独自サービスはプロバイダ選びの基準にする必要はありません。

ドコモ光×DTIのキャッシュバックの評判

ドコモ光×DTIに新規やフレッツ光からドコモ光に切り替えるとキャッシュバックをもらうことができます。

キャッシュバックは15000円です。

またドコモの公式キャンペーンのdポイントも併せてもらえます。

場合によってはこのツイートをした方よりもキャッシュバックをもらうことができる人もいます。

ただキャッシュバックをもらうには適用条件があります。

・2019年1月31日(木)までにドコモ光を開通すること
・「送金通知メール」をが届くまで継続してドコモ光を使うこと
・送金通知メール送信日を含めた45日以内にキャッシュバックの受け取り手続きを終わらせること

キャッシュバックの受け取り方法は簡単です。

1.ドコモ光の開通月の翌々月に楽天銀行株式会社「メルマネマスペイメントサービス」からメールがきます。

2.「メルマネマスペイメントサービス」にキャッシュバックの振り込み先を登録する

3.登録された口座へキャッシュバックが振り込まれる。

こちらはDTIのホームページから申し込んだ場合のみ、キャッシュバックをもらうことができます。

ドコモショップや家電量販店で申し込んでもキャッシュバックをもらえないので、注意してください。

ただ適用条件も厳しいものではないので、これからドコモ光に申し込む人はDTIをプロバイダ選ぶことをおススメします。

ドコモ光×DTI問い合わせの評判について

問い合わせ内容によって、ドコモ光なのかDTIなどのプロバイダなどの問い合わせ先が異なります。

ドコモ、DTIそれぞれの評判を集めてみました。

ドコモやDTIなどのどこもプロバイダでもよくある評判が、問い合わせをするとたらい回しにされるケースです。

ただでさえ電話が繋がりにくいのに、さらに他のところに掛けなおしさせられるとイライラしてしまいますよね。

また質問に対してどうすることもできないと言われてしまうこともあるようです。

問い合わせに対応してくれる担当者の知識や経験によっても評判はまちまちです。

ドコモショップや家電量販店にで聞いたほうがスムーズに問い合わせ内容が解決したという声もあったりします。

ドコモやDTIに問い合わせてもわからない場合は店舗にいって直接聞いたほうが早いです。

ドコモ光×DTIの解約時の評判

ドコモ光×DTIを解約するときの評判もありました。

ドコモ光とDTIの両方を解約するときは、両方の窓口で解約手続きをする必要があります。

またドコモ光を使っていて、DTIから他のプロバイダに切り替える場合も解約が必要になります。

またDTIは解約と退会があります。

解約:DTIの一部のサービスを残す場合
退会:すべてのサービスを終了させるときは退会

特にドコモ光を解約すると、DTIは退会にはならず解約扱いとなります。

その場合UbicプランというDTIのメールアドレス1つにつき、月額200円のプランに自動的に変更になります。

10個のメールアドレスを取得していると、最大で月額2,000円かかります。

ドコモ光を解約するときは、DTIを退会しましょう。

評判を紹介しておきます。

こちらのツイートの情報の通り、電話での受付は平日の10:00~17:00です。

0120-830-501受け付け時間10:00~17:00【平日】
※携帯電話/PHSの方は
(186)-03-5749-8091(有料)

平日の短い時間しかやっていないので、忙しい人であれば解約手続きの問い合わせをするのが難しいです。

ただネットでコールバック予約システムを使えばDTIから指定した時間に電話をかけてきてくれます。

時間がとれない人はこちらを使うのもありです。

ただ受付の方の対応はいいという評判もありました。

こちらも問い合わせ同様で担当者によると思いますが、スムーズに退会できた人もいるようです。

また解約はホームページからもできます。

 

スポンサーリンク

評判からわかるドコモ光×DTIのメリット・デメリット

ドコモ×DTIのサービスについて、評判を参考にしながら紹介していきました。

結局ドコモ光×DTIをつかうのはメリットがあるのか?

と思うかもしれせんが、結論からいうとこれからドコモ光に申し込む人であればメリットが多いプロバイダです。

メリット・デメリットを合わせて紹介していきます。

ドコモ光×DTIのメリット

ドコモ光×DTIの評判をもとにして、どんなメリットがあるのかを紹介します。

・ドコモのスマホをもっていると料金が安くなる
ドコモのスマホとドコモ光を使う場合はセット割によって毎月の料金を安くすることができます。

特に家族でスマホを複数台契約している人であれば、家族一人あたりのネット使用料を小さくすることができます。

・フレッツ光の人であれば月額の料金を安くできる
フレッツ光を使っている人であれば、ドコモ光に申し込むと基本料金は安くなります。

またフレッツ光を使っていて、ドコモのスマホを使っている人であれば先ほども紹介したようにネットの料金を安くすることができます。

・これからドコモ光に申し込む人はお得になる

またこれからドコモ光×DTIに申し込めば、キャッシュバックとWi-fiルーターを無料でレンタルできます。

キャッシュバックやWi-fiルーターの無料でレンタルがそもそもできないプロバイダもあります。

同じタイプAでプロバイダを使うのであれば、サービス内容がしっかりしているDTIを選ぶ方がお得です。

・通信速度の評判がいい
また評判から通信速度が出やすいプロバイダです。

他の回線に切り替えた方、プロバイダを切り替えた方からも通信速度が上がったという声も多いです。

通信速度が遅いという評判もありましたが、ネットが全く使えなくなる程通信速度が遅くなることはなさそうです。

以上、メリットを紹介しました。

ドコモ光×DTIは速度が安定していて、サービスも充実しています。

これからドコモ光に申し込む人、フレッツ光からドコモ光へ切り替える人には一番メリットがあるプロバイダです。

デメリット

・v6プラス変更するのが大変
2018年9月23日よりも以前にDTIに申し込んだ人はv6プラスの申し込みを自分でする必要があります。

またv6プラス対応のルーターを自分で購入しないといけません。

通信速度をあげるには手間とお金がかかってしまうことがデメリットになります。

・ドコモ以外のスマホを使っている人は安くならない
ドコモ以外のスマホを使っている人はドコモ光のセット割の対象になりません。

割引もされないので、他社のスマホを使っている人がドコモ光を使うと通信料が安くなりません。

その場合は他の回線を使うことを検討する、またはスマホを乗り換えた方がよさそうです。

・ゲームなどので通信速度にこだわりたい人には向いていない
ドコモ光×DTIの通信速度の評判はいいですが、もっと通信速度にこだわりたい人であれば他のプロバイダにしたほうがいいです。

DTIのルーターよりも高性能なルーターを無料でレンタルできるプロバイダもあります。

ドコモ光×DTIよりもそのプロバイダの方が通信速度が出やすい環境になります。

通信速度をもとめるのであればより高性能なルーターをレンタルできるプロバイダを選んだ方がいいです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ドコモ光×DTIの料金と通信速度の評判はいいものが多いです。

この評判からDTIは使いやすいプロバイダと言えます。

特にこれからドコモ光を申し込む人であればメリットがとても多いプロバイダです。

そのような人はドコモ光×DTIを検討してみてください。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※1月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー プロバイダ選びの全て, 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*