ドコモ光がBBIQ光よりめちゃくちゃ安くなる理由!

2019-03-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今ドコモのスマホを使っているけれど、光回線はBBIQ光を使っている人が多いと思います。

実はそれ、とても損している状態です。

ドコモのスマホを使っているのであれば、スマホとセット割ができるドコモ光を契約した方がお得になります。

スマホと光回線を契約するとき必ず、セット割ができるようにしてください。

スマホとセット割ができる光回線を選ぶのが、安くするコツになります。

ドコモユーザーはドコモ光のセット割がお得

ドコモのスマホを持っている人はBBIQ光からドコモ光に乗り換えると、

スマホとのセット割ができるようになります。

ドコモスマホとドコモ光のセット割は月額料金が最大で3,500円の割引されます。

年間だと最大42,000円もスマホ料金が安くなりますよ。

BIIQ光だとauのスマホを使っている人しかセット割を受けることができません。

せっかくドコモスマホを使っているのであれば、

BBIQ光からドコモ光に乗り換えた方がセット割で安くネットを使えるようになりますよ。

セット割で毎月最大3,500円安くなる

セット割の額は契約しているスマホプランによって変わります。

データ容量割引額
100GB(シェア)-3,500円
50GB(シェア)-2,900円
30GB(シェア)-2,500円
15GB(シェア)-1,800円
10GB(シェア)-1,200円
5GB(シェア)-800円
LLパック(個人)-1,100円
Lパック(個人)-900円
Mパック(個人)-800円
Sパック(個人)-500円
ケータイパック(個人)-500円

毎月割引されるので、年間で考えもとっても安くスマホを使うことができますね。

BBIQ光の解約金は場合によって30,000円かかるので、ドコモ光に乗り換えにくいですよね。

それでもシェアパックの30ギガ~100ギガの割引額であれば、1年で解約金分を相殺することができます。

2年目からはどんどん安くなっていくので、BBIQ光の高い解約金を支払ってでもドコモ光に乗り換えた方がいいですね。

割引対象

割引が対象となるスマホは主回線の1台でだけになります。

そのため家族で使っているスマホが1台ずつ割引になるのではなく、

主回線となっている1台のみが割引されるようになっています。

ソフトバンクやauのスマホは1台ずつ割引されるので、ドコモだと割引がとても少ないように感じますよね。

しかしドコモは主回線ではないスマホは、データ使用料が0円になります。

結果敵にスマホでのネット使用料はとても安くなります。

家族でスマホを使っているのであれば他社よりもとってもお得にスマホを持つことができますよ!

適用条件

セット割の条件はとてもシンプルで

・ドコモのスマホを使っている
・パケットパックを契約していること

の2つだけです。

そもそもドコモのスマホを使っている人はすでに適用条件をクリアしています。

なのでそのままドコモ光を契約すれば、自動的に割引されていきます。

特に手続きも必要ないので、普通にドコモ光の契約して大丈夫です。

ガラケーも割引対象

スマホだけでなくガラケーもセット割の対象になっています。

ただガラケーはスマホより割引金額が少なくなっているので、家族でスマホを持っている人がいたらそちらを主回線にした方がいいです。

ガラケーを主回線にするよりも、もっと多くの割引を受けることができますよ!

ドコモユーザー歴が長ければさらにお得

ドコモのスマホは長く使うほど、お得になる「ずっとドコモ割」という割引サービスがあります。

主回線の契約プランや利用年数によって、割引額が変わります。

データ容量4年以上8年以上10年以上15年以上
100GB
(シェア)
-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
50GB
(シェア)
-800円-1,000円-1,200円-1,800円
30GB
(シェア)
-600円-800円-1,000円-1,200円
15GB
(シェア)
-600円-800円-1,000円-1,200円
10GB
(シェア)
-400円-600円-800円-1,000円
5GB
(シェア)
-100円-200円-600円-900円
30GB
(個人)
-200円-400円-600円-800円
20GB
(個人)
-100円-200円-600円-800円
5GB
(個人)
-100円-200円-600円-800円
3GB
(個人)
----600円
ケータイパック
(個人)
----300円

今BBIQ光を使っているから、ドコモのスマホからauのスマホに乗り換えようとしている人は

本当に乗り換えていいのか検討してみてください。

長く使ってきた人だけが割引になる「ずっとドコモ割」が使えなくなってしまいますよ。

対象スマホを買うと月1,500円割引される

対象のスマホを購入した人は、「ドコモwith」で毎月1,500円の割引を受けることができます。

●2019年3月現在の対象機種は以下の通りです。
・iphone7(32GB)
・らくらくスマートフォン me F-01L
・AQUOS sense2 SH-01L
・Galaxy Feel2 SC-02L
・LG style L-03K
・arrows Be F-04K
・AQUOS sense SH-01K
・MONO MO-01K
・らくらくスマートフォン me F-03K

この割引はドコモだけなので、今BBIQ光を使っているからドコモからauに乗り換えると割引がなくなってしまいます。

ドコモのスマホは乗り換えずに、BBIQ光をドコモ光に乗り換えた方が絶対にお得になりますよ!

シェアパックでさらに安い

ドコモ光の1番のメリットはシェアパックです。

家族でスマホを持つ場合は、シェアパックのおかげでとっても安くスマホを使えるようになってます。

シェアパックというのは複数人でスマホのパケット容量を分け合えるプランです。

プランは以下の3つです。
●ウルトラシェアパック100GB
●ウルトラシェアパック50GB
●ウルトラシェアパック30GB

最初に主回線を家族の中から一人決めます。

今回はお父さんに主回線になってもらったとします。

3人家族(お父さん、お母さん、長男)でウルトラシェパック30Gを契約した場合

電話は一番安いシンプルプランを使うことにします。

●家族3人の1ヵ月のスマホ料金
基本料金⇒13,500円(30GB分)
主回線オプション⇒500円×2人=1,000円
電話のプラン⇒980円×3人=2,940円
SPモード⇒300円×3人=900円

合計⇒18,340円

ここからセット割を使うと

18,340円-2,500円
15,840円

毎月15,840円でスマホ3台使うことができるようになる計算になります。

余ったデータは翌月に繰り越せる

シェアパックは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

たとえば、30Gプランを契約していて今月は20Gしか使わなかった場合、

残りの10Gを翌月に繰り越せます。

合計で40G使るようになっちゃうんです。

しかし繰り越せるデータ量は翌月までなので、注意してくださいね。

実際にどれくらい安く使えるのかシュミレーションしてみた

ドコモ光とのセット割で安くなることはわかったけど、実際どのくらい安くなるの?

と疑問に思っている方もいると思うので、実際にシュミレーションしてみましょう。

・家族3人で15GBのシェアパック
・1人がdocomo withを使っている場合

●家族3人の1ヵ月のスマホ料金
基本料金⇒13,500円(30GB分)
主回線オプション⇒500円×2人=1,000円
電話のプラン⇒980円×3人=2,940円
SPモード⇒300円×3人=900円

合計⇒18,340円

ここからセット割、docomo withの割引を適用させると…

18,340円
-2,500円(セット割)
-1,500円(docomo with)

14,340円

一人当たり4,780円でスマホが使えます。

・家族5人で30GBのシェアパック
・主回線が10年ドコモを使っている場合

●家族5人の1ヵ月のスマホ料金
基本料金⇒16,000円(50GB分)
主回線オプション⇒500円×5人=2,500円
電話のプラン⇒980円×5人=4,900円
SPモード⇒300円×5人=1,500円

合計⇒24,900円

ここからセット割とドコモずっと割をつかうと…

24,900円
-2,900円(セット割)
-1200円(ずっとドコモ割)
20,800円

一人あたり4,160円でスマホが使えます。

・4人家族で30Gのシェアパック
・主回線が15年利用
・docomo withのスマホを2台使っている場合

●家族4人の1ヵ月のスマホ料金
基本料金⇒13,500円(30GB分)
主回線オプション⇒500円×4人=2,000円
電話のプラン⇒980円×4人=4,900円
SPモード⇒300円×4人=1,200円
21,600円

セット割、docomo with、ずっとドコモ割を適用すると

21,600円
-2,900円(セット割)
-1800円(ずっとドコモ割)
-3,000円(docomo with)
13,900円

一人あたり3,475円でスマホをつかえます。

 

スポンサーリンク

ドコモ光とBBIQ光のサービス比較

月額料金の比較

月額料金は基本的にはドコモ光の方が安くなる場合が多いです。

BBIQ光の方が安くなる人もいるんですが、スマホのセット割を使うと圧倒的にドコモ光に乗り換えた方が安くなります。

結果的にドコモのセット割を適用させたほうが、BBIQ光を使い続けるよりも安くなります。

戸建の場合

 2年3年5年
戸建て(100M)5,500円4,700円4,400円
戸建て(ギガ】5,800円5,000円4,700円
ドコモ光(タイプA)5,200円なし
ドコモ光(タイプB)5,000円
なし

戸建ての場合は2年契約だけドコモ光方が安くなるときがあります。

3年や5年契約の場合はBBIQ光の方が月額料金は安くなりますね。

しかしBBIQ光がドコモ光より数百円安いだけです。

それであればセット割で割引になった方がネットとスマホを総合的に安くすることができますよ。

マンションの場合

ドコモ光のマンションタイプの料金は

タイプA:4,000円
タイプB:4200円

です。

一方BBIQ光のは世帯数によって月額料金は違います。

16世帯以上 3,800円
8~15世帯 4,300円
2~7世帯 4,800円
1世帯    5,500円

マンションの人の場合はドコモ光の方が月額料金は安くなりますね。

BBIQ光の方が安くなるのは16世帯以上の場合だけですが、

そのような人は中々いないのではないでしょうか?

またBBIQ光の方が月額料金が安くなる場合でも、

戸建てと同様でドコモのセット割の方がやすくなりますよ。

解約金の比較

結論から言うと、ドコモ光の方がBBIQ光より解約金は安くなっています。

なのでドコモ光の方が解約しやすく、他の光回線に乗り換えることもできます。

逆にBBIQ光は解約金が高いので乗り換えにくくなっています。

ドコモ光の解約金
戸建て:13,000円
マンション:8,000円

しかもBBIQ光は解約するタイミングよって解約金額が変わるので複雑です。

2年契約の場合

期間料金
12カ月未満32,400円
12カ月~18カ月27,000円
18カ月~24カ月16,200円
24カ月以降無料

3年契約の場合

期間料金(税込)
12カ月未満32,400円
12カ月~24カ月未満27,000円
24カ月~36カ月21,600円
36カ月目、37カ月目無料
38カ月以降21,600円

5年契約の場合

期間料金
12カ月未満37,800円
12カ月~24カ月32,400円
24カ月~60カ月27,000円
60カ月、61カ月目無料
62カ月以降27,000円

マンションの場合

期間料金
12カ月未満32,400円
12カ月~18カ月27,000円
18カ月~24カ月16,200円
24カ月以降無料

工事費の比較

BBIQ光には工事費がありませんが、ドコモ光には工事費があります。

 戸建マンション
派遣工事19,440円16,200円
無派遣工事2,160円2,160円

工事費がないところはドコモ光よりBBIQ光の方が優れている点です。

ドコモ光は作業員がくる派遣工事は工事費が高いですが、無派遣工事の場合は2000円程度で工事ができちゃいます。

実はドコモ光は期間限定で工事費無料キャンペーンを実施しています。

無料キャンペーンの時に申し込めば、BBIQ光と同じように工事費を支払う必要なくなりますね。

 

スポンサーリンク

 

auユーザーならBBIQ光を使い続けるのはアリ

ドコモのスマホを使っているのであればBBIQ光からドコモ光へ乗り換えた方がお得です。

ただ中にはBBIQ光を使い続けた方がいい人もいます。

BBIQ光を使った方がいい人
・5年間ビビックの回線を変えたくない
・今後ドコモからauへスマホを乗り換える
・auのスマホを使っている人

特にauのスマホを使っているはスマホのセット割ができるので、BBIQ光を使い続けた方がお得です。

また現在はドコモのスマホを使っているけれど、数か月後にauのスマホに乗り換えるよ!

という方であればBBIQ光を使い続けても問題ないでしょう。

まとめ

ドコモのセット割を使えばとても安く光回線もスマホも使うことができます。

ドコモスマホのセット割ができるのはドコモ光だけなので、BBIQ光から乗り換えた方がお得になりますよ。

特に家族でたくさんのスマホを契約している人は、セット割を使えばとっても安くネットが使えます。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*