eo光からドコモ光に乗り換えるとスマホ料金が安くなる!違いを徹底比較|ヒカリCOM

公開日:2019/01/29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は関西エリアで人気のeo光とドコモ光を比較してみました。

●月額料金、解約金、工事費
●セット割後のスマホ料金
●速度と評判
●テレビや光電話オプション など

eo光は料金設定が安いと評判ですが、ドコモ光では割引特典が多く、意外とドコモ光の方が安くなりました。

ドコモユーザーであれば、eo光よりドコモ光の方がお得になります。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光とeo光の主な違い

ドコモ光とeo光で大きく違うのは以下の点です。

●提供エリア
●月額料金、工事費、違約金、光電話、テレビなどの各種料金
●最低契約期間と更新月
●プロバイダーなどネット利用時の特典
●ネットとスマホのセット割
など

インターネット回線選びには、速度も重要なポイントですが、速度に関しては、一概に断言できません。

最大速度が同じなら基本的に差は出ないはずですが、自宅環境やパソコンなどの周辺機器、対応できる接続方式かによって差がでることがあるからです。

それでは、各項目を比較していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

後ほど詳しく料金について、紹介しますが、eo光の方が設定料金は安いです。

しかし、割引を適用すると結果的に「ドコモ光×ドコモスマホ」は「eo光×auスマートバリュー」より安くなります。

eo光の光電話はドコモ光電話より安いですが、それを含めても条件によっては、ドコモ光の方が安くなります。

また、テレビオプションもチャンネル数・利用する長さによっては、ドコモ光の方が安くなります。

ドコモ光は家族で併用できる割引が多い

ドコモ光とドコモのスマホのセット割の正式名所は「ドコモ光パック」といいます。

セット割「ドコモ光パック」の割引料金は以下になります。

 データ基本料金
ドコモ光セット割
ウルトラシェアパック100GB25,000円-3,500円
ウルトラシェアパック50GB16,000円-2,900円
ウルトラシェアパック30GB13,500円-2,500円
ベーシックシェアパック30GB15,000円-1,800円
ベーシックシェアパック15GB12,000円-1,800円
ベーシックシェアパック10GB9,000円-1,200円
ベーシックシェアパック5GB6,500円-800円
ウルトラデータLL30GB8,000円-1,600円
ウルトラデータL20GB6,000円-1,400円
ベーシックパック20GB7,000円-800円
ベーシックパック5GB5,000円-800円
ベーシックパック3GB4,000円-200円
ベーシックパック1GB2,900円-100円

また、その他にも適用できるの割引サービスが以下です。

●ずっとドコモ割プラス
⇒ドコモユーザー歴に応じて割引されるサービス
   
●docomo with
⇒対象端末を利用することで毎月-1,500円割引されるサービス

さらに、キャンペーンで他にも割引サービスがあります。

●「ウェルカムスマホ割」(キャンペーン終了は未定)
⇒ドコモのスマホXi乗り換えで月額-1,500円
  
「ドコモの学割」(キャンペーン終了は未定)
⇒25歳以下だと月額-1,500円

ただし、「ドコモの学割」は「docomo with」「ウェルカムスマホ割」との併用はできません。

両方の条件を満たした場合は、「docomo with」「ウェルカムスマホ割」が優先されます。

【ドコモ光】一人でセット割を適用したスマホ料金

条件は以下のように設定してあります。

【24歳でdocomo with 端末・ドコモ光を一人利用の場合】
●24歳会社員で「ドコモの学割」が適用
●シンプルプラン
●spモード
●ベーシックパックで5GB使用
●インターネット回線はドコモ光を利用
●携帯端末は「docomo with」対象端末

 契約プラン
ドコモの学割対象外
シンプルプラン980円
spモード300円
ベーシックパックで
5GB使用
5000円
ドコモ光パック-800円
docomo with-1500円
合計3980円

※「ドコモの学割」は他の「docomo with」と併用できないので、「docomo with」のみ適用になります。

【ドコモ光】4人家族のセット割を適用したスマホ料金

条件は以下のように設定してあります。

 お父さん40歳お母さん35歳お兄ちゃん15歳弟10歳
通話プランシンプルプランシンプルプランシンプルプランシンプルプラン
インターネット
接続サービス
spモードspモードspモードspモード
パケットパック
のプラン
シェアパック30GB
の代表回線
シェアパック
の子回線
シェアパック
の子回線
シェアパック
の子回線
docomo with
対象端末
その他
適用される割引
ドコモユーザー歴10年で
ずっとドコモ割
なし15歳なので
ドコモの学割
初めて携帯をもつ
「ウェルカムスマホ割」
ドコモ光パック
の適用者

上記の条件から家族のスマホ料金をシミュレーションすると以下の通りになります。

契約プラン料金
シンプルプラン3920円
spモード1200円
ウルトラシェアパック30GB13500円
子回線オプション1500円
ずっとドコモ割プラス-1200円
ドコモ光パック-2500円
docomo with-4500円
ドコモの学割-1500円
合計10420円
一人当たり2605円

※弟は「docomo with」「ウェルカムスマホ割」が適用なので「ドコモの学割」は適用外です

家族でドコモのスマホを利用すると一人当たりの料金がかなり安くできますね。

この家族がドコモ光で戸建てでタイプA(5,200円)を契約していた場合、ネット+ケータイ=15,620円になります。

eo光はauスマートバリューが適用できる

auユーザーならeo光でもauスマートバリューで毎月のスマホ料金が値引きされます。

auスマートバリューとは
対象のインターネット回線・ひかり電話・auの携帯電話をセットで契約すると、携帯電話が安くなるサービスです。

auスマートバリューの割引額詳細は以下です。

プラン割引金額
auスマートフォン
auピタットプランシンプル
⇒1GBまで
割引対象外
スーパーカケホ
カケホ
⇒2GBまで

シンプル
⇒1GB超~2GBまで
翌月から
500円/月割引
スーパーカケホ
カケホ
シンプル
⇒2GB超~20GBまで
翌月から
1,000円/月割引
auフラットプラン20/30

auフラットプラン25 Netflixパック
データ定額1翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3

ジュニアスマートフォンプラン

カケホ(3Gケータイ・データ付)

シニアプラン

データ定額3cp

LTEフラットcp(1GB)
翌月から
934円/月割引
U18データ定額20翌月から適用期間中
1,410円/月割引
データ定額5/20

LTEフラット

ISフラット

データ定額5cp

データ定額8

プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
データ定額30

データ定額10/13
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
ケータイ(4G LTE)
データ定額1(ケータイ)翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3(ケータイ)翌月から
934円/月割引
データ定額5(ケータイ)

データ定額8(ケータイ)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
データ定額10/13
(ケータイ)
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
ケータイ(3G)
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
翌月から
934円/月割引
4G LTEタブレット/4G LTE対応PC
LTEダブル定額
for Tab/Tab(i)
(「ゼロスタート定額」)
翌月から
1,000円/月割引
LTEフラット
for Tab/Tab(L)

LTEフラット
for Tab(i)

LTEフラット
for DATA(m)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

【eo光】一人でセット割を適用したスマホ料金

【24歳でeo光を一人利用の場合】
●24歳会社員
●auピタットプラン(シンプル)で5GB使用
●インターネット回線はeo光を利用

契約プラン料金
auピタットプランシンプル
(~5GB)
5980円
auスマートバリュー-1000円
合計4980円

先ほど計算した、ドコモ光で一人でセット割を適用したスマホ料金は3,980円でした。

今回の条件ではドコモ光+ドコモスマホの方が安くなりました。

26歳以上でスマホ端末にこだわりたい場合には、ドコモスマホの「docomo with」と「ドコモの学割」は適用外になるのでeo光+auスマホの方が安くなります。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

【eo光】4人家族のセット割を適用したスマホ料金

【条件】
お父さん40歳
⇒auピタットプランシンプル(~3GBまで使用)
  
お母さん35歳
⇒auピタットプランシンプル(~3GBまで使用)
  
お兄ちゃん15歳
⇒auフラットプラン20シンプル
  
弟10歳
⇒auピタットプランシンプル(~3GBまで使用)

4人全員にauスマートバリューの-1,000割引が適用になります。

また、お兄ちゃんだけ「スマホ応援割」対象プランなので1年間さらに-1,000円になります。

契約プラン料金
auピタットプランシンプル
(~3GB)
14940円
auフラットプラン20シンプル
6000円
auスマートバリュー-4000円
スマホ応援割
(1年間のみ)
-1000円
合計15940円

4人家族の合計は15,940円になりました。

これにeo光ネットのホームタイプの料金をプラスしてみます。

eo暮らしスタート割でネット料金が2953円だったとすると、ネット+ケータイ=18,893円になります。

4人家族のセット割を適用したスマホ料金の合計は10,420円、ネットを含めて15,620円だったのでドコモ光の方がお得です。

eo光+auスマホよりもドコモ光+ドコモスマホの方が料金が安い結果となりました。

ドコモの携帯電話の料金は条件が合えばかなり安くできることが特徴です。

しかも、シェアパックは三親等以内の家族なら最大20回線までシェアできるので、一人当たり2,000円以下にすることもできます。

ドコモ光は選べるプロバイダーが豊富

eo光ではプロバイダーはeo光になり、選択はできません。

ドコモ光では25のプロバイダーから選ぶことができ、ドコモ光の大きなメリットになっています。

ドコモ光
2年契約月額料金
プロバイダ一戸建てマンション
タイプAドコモnet・ぷらら・So-net・
GMOとくとくBB・@nifty・
IC-net・Tigers-net
・BIGLOBE・andline・
SYNAPSE・SIS・DTI・
エディオンネット
・Rakutenブロードバンド
・hi-ho・@ネスク・01コアラ
・excite・TiKTiKi
5,200円4,000円
タイプBOCN・@TCOM・TNC
・Asahi Net・WAKWAK・
@ちゃんぷるネット
5,400円4,200円

プロバイダーによって特典やキャンペーンなどのメリットも違います。

契約したプロバイダーをあとから変更することも可能です。
※事務手数料3000円(税抜き)がかかります。

接続方式的にはeo光よりドコモ光の方が速度が期待できる

ドコモ光は標準でIPv6接続対応になっているプロバイダが多いです。

eo光でも2018年8月30日からIPv6接続を標準で提供しています。

しかし、IPv6対応というだけでは大幅ば速度アップは期待できません。

理由は閲覧するサイトがIPv6に対応していないと、こちらもIPv6ではなく従来通りのIPv4接続に切り替わるからです。

相手側がIPv6接続に対応されている時のみに、接続する全区間でIPv6接続が可能となります。

それを改善するのが「v6プラス」「v6オプション」「v6エクスプレス」「v6アルファ」などと呼ばれている「IPv4 over IPv6」対応のサービスです。

それらの高速化サービスでは、相手側がIPv4接続のみの場合(IPv6接続に対応していない相手)も、 プロバイダ設備までの区間は、IPv6接続での通信となります。

なので、従来のIPv6(IPoE)接続速度と比較して速度が改善されます。

eo光では「IPv6 over IPv4」には対応していません。

ドコモ光は「IPv4 over IPv6」対応のインターネット高速化サービスを実施しているプロバイダを選ぶと回線速度が速くなることが見込めます。

ちなみに、インターネット通信の高速化サービス名称はプロバイダによって異なります。


@nifty・GMOとくとくBB=v6プラス
BIGLOBE=IPv6オプション
ぷらら=v6エクスプレス
OCN=v6アルファ など

「IPv4 over IPv6」非対応なら速度は変わらない

ドコモ光のプロバイダーでも「IPv4 over IPv6」に対応していなければ、eo光と同じ条件になります。

マンションなどでVDSL方式・LAN配線方式にしか対応していない場合は、最大でも100Mbpsまでしか出ません。

eo光は契約するときに、最大速度が1Gbpsのプランか100Mbpsまでのプランか自分で選ぶことになります。

最大速度が同じであれば、基本的には速度は同じです。

しかし、ドコモ光では口コミなどの評判を見ると、「IPv4 over IPv6」に対応していない利用者の場合、夜間などネット利用者が多い時間帯は「遅い」という口コミが多い傾向にあります。

ドコモ光を契約するなら「IPv4 over IPv6」対応でv6プラスなどの高速化サービスがあるプロバイダーを選びましょう。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光とeo光の月額料金を比較

月額料金はeo光の方が安い

月額料金一戸建てマンション
ドコモ光
5,200円4,000円
eo光4,953円3,373円
(VDSL方式の場合)

ドコモ光はタイプAの料金を記載しています。

タイプBの場合は5,400円になります。

eo光の一戸建てプランは、ドコモ光のタイプAと似たサービス内容のホームタイプ1GBコースの料金です。

マンションタイプについては配線方式とマンションの規模によって料金が変わります。

※接続方式は「VDSL方式」「イーサネット方式」「光配線方式」と3つの方式があります。

詳細はeoインフォメーションデスクにご確認ください。

受付時間:午前9:00~午後9:00
0120-34-1010(固定電話・携帯電話・PHS)
06-7506-9605(IP電話など)

ドコモ光とeo光の開通工事費の比較

開通工事費に関してもeo光は無料キャンペーンを実施していますが、ドコモ光は常時工事費無料キャンペーンを実施しているわけではありません。

工事費一戸建て
マンション
ドコモ光18,000円15,000円
eo光27,000円
(メゾンタイプも)
マンションタイプ
VDSL方式
⇒5,000円

VDSL-S方式
⇒10,000円

標準料金ではeo光の方が工事費が高額です。

しかし、eo光はauひかりのように無料工事キャンペーンをいつでも実施しているので工事費は実質0円です。

マンションタイプの工事費の詳細はeoインフォメーションデスクにご確認ください。

受付時間:午前9:00~午後9:00
0120-34-1010(固定電話・携帯電話・PHS)
06-7506-9605(IP電話など)

ドコモ光は常に工事費無料キャンペーンを実施しているわけではありません。

工事費無料キャンペーン⇒工事費相当のdポイント還元を交互に繰り返すことが多いです。

ドコモ光とeo光の違約金の比較、更新月について

eo光の違約金の方が安い

違約金プラン戸建てマンション
ドコモ光2年契約13,000円8,000円
eo光即割
(2年契約)
1年未満
12,000円
人によって違う
1年以上2年未満
6,000円

ドコモ光よりeo光の方が解約時の違約金も安いですね。

マンションタイプの違約金は通常時の初期費用とキャンペーン適用時の差額を一括払いすることになります。

つまり、割引が無効になり、割引料金をまるまる支払うことになります。

キャンペーンやモデムを買取・レンタルするかなど、契約内容によって解約時に支払う料金がかわります。

【マンションタイプ・VDSL方式の初期費用】
●モデム買取プラン:17,588円
●モデムレンタルプラン:8,640円
●モデム持ち込み;8,640円

eo光は解約金の発生を1年未満、1年以上2年未満など、契約から〇ヵ月目という指定はありません。

ドコモ光での2年契約は2年以上利用しても、決まった更新月に解約しないと違約金が発生します。

ドコモ光の更新月
24ヵ月目、25ヵ月目、26ヵ月目、48ヵ月目、49ヵ月目、50ヵ月目

更新月を1日でも過ぎると違約金が発生してしまいます。

※2019年3月から定期契約が満了になる契約者から適用になります。
2019年2月以前に定期契約満了になる場合は、25ヵ月目、26ヵ月目、49ヵ月目、50ヵ月目が更新月です。

ドコモ光とeo光の評判と口コミ

ドコモ光の速度の口コミ・評判が良いのは「v6プラス」

ドコモ光はプロバイダの数が多いので一部紹介しますね。

利用者も多いので評判も賛否両論あるのは事実です。

ドコモ光×GMOとくとくBBは速いと評判が多いプロバイダーで、僕のおすすめでもあります。

こちらのドコモ光×BIGLOBEも速いという口コミです。

住宅環境やパソコン・ルーターが古いことが原因で低速になることもあります。

速度が遅いと感じたら、まずは周辺機器の確認をおすすめします。

一方で速度に不満の口コミもあります。

「v6アルファ」とはOCNの高速通信サービスです。

「v6アルファ」なしでは遅いという口コミもあります。

追加料金なしで、専用ルーターもレンタルできるので、ドコモ光×OCNを契約する場合には「v6アルファ」の申し込みをしましょう。

ドコモ光×AsahiNetはOCNの「v6アルファ」やGMOとくとくBBの「v6プラス」のような高速通信サービスはありません。

ドコモ光のプロバイダーはインターネットの接続方式によっては、速度に差が出ることがあります。

あとからでもプロバイダーの変更はできますが、できれば最初からGMOとくとくBBなどと契約すると手数料の節約になります。

ドコモ光の顧客対応は賛否両論

顧客対応についての口コミは「良かった」「悪かった」と両方の意見がありました。

親切な対応をしてもらったと感動した様子です。

丁寧で理解しやすかったとかなり高評価していますね。

しかし、かなりご立腹の口コミもありました。

オペレーターによって理解度や対応などそれぞれですから、賛否両論なのも当然かもしれません。

eo光の速度に関する口コミ・評判は良い

eo光の速度は評判がよく、満足度の高い口コミが多かったです。

これだけの通信速度が出ていると快適にネットを使えますね。

10倍も速くなると感動しますね。

料金も安くなって、回線速度も速いと乗り換えて良かったと思いますね。

eo光の顧客対応は不満が多め

eo光の顧客対応についての口コミを見たところ、賛否両論でしたが、やや不満が多いようでした。

対応の悪さにeo光からドコモ光に乗り換えることも考えているようです。

利用者がいなくなると説明しているのに、なかなか解約手続きをしてくれないようですね。

こちらの口コミは対応が丁寧だったと好印象だったようです。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光とeo光のテレビオプションの比較

先に比較結果から言うと、地デジ・BSコースだけの場合はドコモ光の方が安いです。

専門チャンネルは、割引を考慮するとeo光の方が全体的に安くなります。

ただし、70以上のチャンネルが見放題のコースだと、12ヵ月目以降ドコモ光の方が安くなります。

たくさんのチャンネルを希望し、長く契約するならドコモ光のひかりTV for docomoがおすすめです。

ドコモ光のテレビオプション

ドコモ光のテレビオプションは3つです。

ドコモ光オプション
地上デジタル放送+BSデジタル放送
月額750円

ひかりTV for docomo
ドコモ光回線で地上デジタル放送、BSデジタルに加えて、dTVチャンネル、ディズニーやアニメストアなど79の専門チャンネルが見れるテレビサービス

【月額料金】
●通常⇒3,500円
●2年契約⇒2,500円
  
ドコモ光オプション+スカパー
スカパーには4つのプランがあります。

セレクト5:好きなチャンネルを5つ選ぶプラン
⇒3,023円
  
セレクト10:好きなチャンネルを10個選ぶプラン
⇒3,740円
   
基本プラン:50チャンネルが見放題
⇒4,740円
   
光パックHD:65チャンネル以上が見放題
⇒5,802円

月額料金は以下のように計算しています。

ドコモ光テレビオプション料金+スカパー月額料金+パック料金+チューナー代

【注意事項】
スカパーは別途、工事が必要です。

ひかりTV for docomoは工事不要で別途「ドコモテレビターミナル」の購入が必要です。

eo光のテレビオプション

eo光のテレビオプションは主に4つです。

スマートベーシック:地デジやBSと31専門チャンネル合わせて55chが見放題のプラン
⇒ネットに追加で+3,000円
(新規の場合は11ヵ月間ネット料金+1,739円)
   
スマートプレミアム:地デジやBSと65の専門チャンネル合わせて89chが見放題のプラン
⇒ネットに追加で+4,300円
(新規の場合は11ヵ月間ネット料金+3,039円)
   
スマートコンパクト:地デジやBSと4つの専門チャンネル合わせて28chが見放題のプラン
⇒ネットに追加で+1,715円
   
地デジ・BSコース:地デジやBS、BS4K、地域情報などCSデジタルなしのシンプルなプラン
⇒ネットに追加で+1,239円

※マンションタイプの場合は地デジ・BSコースは対象外です。

【注意点】
チューナーが別途レンタルが必要で、買取はできません。

チューナー代は機能によって0円~900円の月額料金が変わります。

ドコモ光とeo光の光電話オプションの料金の比較

光電気に関してはeo光の方が、ドコモ光より安い設定になっています。

ただ、ネットとスマホのセット割の差額を考慮すると、条件によってはドコモ光で光電話を契約してもeo光電話よりドコモ光の方がお得になります。

それでは、光電話について詳しく紹介していきますね。

ドコモ光の光電話は500円から

ドコモ光電話は月額500円です。

それにオプションを付けるなら追加で料金がかかります。

「ドコモ光電話バリュー」では6つのオプションがセットで月額1,500円になっています。

「ドコモ光電話バリュー」(1,500円)のセット内容
※()内の料金は「ドコモ光電話」に個別にオプションとして付けた場合
    
●発信者番号表示 (400円)
かけてきた相手の電話番号を電話機にナンバーディスプレイするサービス
   
●転送でんわ (500円)
かかってきた電話を指定した電話番号に転送するサービス
    
●通話中着信 (300円)
通話中に他の人から着信があった場合、通話を保留にして第三者と通話ができるサービス
   
●ナンバーリクエスト (200円)
電話番号を非通知でかけてきた相手に電話番号を通知してかけ直すように伝えるサービス
    
●迷惑電話ストップサービス (200円)
迷惑電話直後にその番号を電話機に登録すると、以降同じ電話番号から着信があった時に相手に電話を受けられないことを伝えるサービス
    
●着信お知らせメール (100円)
着信があった時に登録していたメールで確認できるサービス

eo光の光電話は0円

eo光の光電話は月額料金が発生しません。

ただし、eo光電話のアダプター利用料286円(税抜き)が別途発生します。

ドコモ光電話の半額くらいの料金ですみますし、ネット+光電話のセット割でネット料金が1年間は-2,000円になるのでお得ですね。

eo光ではオプションパックが「eo光電話パック7」(600円)と「eo光電話パック3」(400円)の2つがあります。

パックにしない場合はそれぞれのオプションは一律200円になっています。

「eo光電話パック7」(600円)セット内容
※()内の料金は「eo光電話」に個別にオプションとして付けた場合
   
●発信者番号表示
かけてきた相手の電話番号を電話機にナンバーディスプレイするサービス
   
●複数通話サービス
通話中に他からの着信をお知らせし、内線子機機能を設定済みのスマホなら同時に通話も可能です。
   
●割込電話サービス
通話中に他の人から着信があった場合、通話を保留にして第三者と通話ができるサービス
   
●転送電話サービス
かかってきた電話を指定した電話番号に転送するサービス
  
●非通知着信拒否サービス
電話番号を非通知でかけてきた相手に電話番号を通知してかけ直すように伝えるサービス
   
●転送電話選択サービス
あらかじめ登録していた電話番号からの着信を「転送」か「出るか」選択できるサービス
  
●迷惑電話拒否サービス
迷惑電話直後にその番号を電話機に登録すると、以降同じ電話番号から着信があった時に相手に電話を受けられないことを伝えるサービス
   
●指定番号着信選択サービス
登録した番号だけを着信許可して、その他を着信拒否したり、登録した番号を着信拒否して、その他の番号を着信許可するサービス

ドコモ光電話オプションパック「ドコモ光電話バリュー」とeo光電話のオプションパック「eo光電話パック7」は似た内容です。

しかし、ドコモ光電話のオプションパック1500円なのに対して、eo光電話のオプションパックは600円と900円も安くなっています。

eo光電話のアダプター利用料の約300円を入れても600円ほどeo光電話のオプションパックの方が安いですね。
   

「eo光電話パック3」(400円)セット内容
   
●発信者番号表示

●複数通話サービス

●割込電話サービス

●転送電話サービス

eo光電話でオプションを2つ以上つけるなら「eo光電話パック3」と同じ料金になります。

良心的な価格設定になっていますね。

開催中のドコモ光の公式キャンペーン

dポイント10,000ポイントプレゼント

dポイント(期間・用途限定)のプレゼントキャンペーンですが、新規契約か転用かでポイントは変わります。

【ポイント】
新規:10,000ポイント
転用:5,000ポイント

【期間】
終了日未定

【条件】
●ドコモ光を新規または転用で申し込み、申込月を含む7ヶ月以内に開通すること
●ドコモのスマホを契約していること(ドコモユーザーであること)
●ドコモ光開通時にドコモ光の利用を継続しており、ドコモ光のペア回線契約者がdポイントクラブ会員であること

※ペア回線は、ドコモ光とセットで契約するドコモの携帯電話契約のことです。

【注意事項】
もらえるdポイントは使用期間と用途が限定されています。

ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル、Pontaポイントへの交換含む)や携帯料金の支払い、データ量の追加、寄付には利用できません。

工事費無料キャンペーン

通常18,000円の開通工事費が無料になります。

【期間】
2018年12月1日~2019年5月6日

【条件】
ドコモ光を新規で申し込み、2019年11月6日までに利用開始すること

ドコモ光の申し込みはネット代理店がおすすめ

ドコモ光はプロバイダーやネット代理店から申し込みをすることをおすすめします。

ドコモ光の公式キャンペーンではあまり、キャッシュバックキャンペーンをしていませんが、プロバイダーやネット代理店ではキャッシュバックを受け取り出来る窓口が多いからです。

また、公式キャンペーンは申し込み窓口関係なく適用されるので、ネット代理店から申し込めば、特典が多くなってお得です。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光ならプロバイダーはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光×GMOとくとくBBのメリット
●速度に定評がある
●15,000円のキャッシュバック
●性能が良い高額のWi-Fiルーターが無料レンタルできる
●dカードGOLD5000円分のAmazonギフト券プレゼント

ドコモ光でルーターのレンタルができるプロバイダーでルーターを比較した表をご覧ください。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTII-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netNEC製
Aterm
WG1200HS3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps
OCNNEC製
コム端末
不明
(市販品ではないため)
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターはとびぬけて性能が違います。

さらにキャッシュバックキャンペーン・ギフト券などの特典もあってお得です。

工事費無料(18000円)+最大28,000円キャッシュバック!

【2019年2月】ドコモ光史上最高額!GMOとくとくBB限定18,000円キャッシュバック!

おすすめの理由
●GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●ドコモ光最高額!GMO限定18,000円キャッシュバック!
●工事費無料(18,000円相当)!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※2月以降は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大28,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

eo光からドコモ光に乗り換える場合

eo光からドコモ光に乗り換えるメリット

ドコモのスマホユーザーなら「光パック」でスマホ料金が安くなる

ドコモ光×ドコモケータイならセット割の「光パック」が適用されます。

また、「光パック」の割引の他に指定端末を利用すると割引になる「docomo with」やドコモスマホの利用年数に応じて割引される「ずっとドコモ割」なども併用することができます。

条件があえばドコモの方がスマホ代が大幅に安くなる可能性が高いです。

サービス対応エリアが広くなる

ドコモ光の方が対応エリアが広くなり、引っ越し先でも継続してドコモ光を使うこともできます。

ドコモのスマホは家族グループでデータ量を分け合うことで安くなる特徴があります。

三親等以内で最大20回線まで契約することができるので、遠くに住む家族や親戚もドコモ光を契約するとさらに割引されます。

また、ドコモ光ではシェアパックをグループ内でドコモ光の契約が複数ある場合に割引される「光 複数割」があります。

家族の人数とドコモ光を契約する世帯が増えるごとに安くすることができます。

eo光からドコモ光に乗り換えるデメリット

eo光の違約金などを自己負担

ドコモ光では今のところ、他社からドコモ光に乗り換えるためのサポートやキャンペーンを実施していません。

タイミングがあえば、家電量販店などでドコモ光に乗り換えする人に対して実施するキャンペーンを利用することもできます。

また、プロバイダ経由で申し込めば、15,000円のキャッシュバックを受け取ることもできます。

しかし、auひかりやソフトバンク光などと違って解約金や撤去工事費すべてを特典で0円にするのは難しいデメリットがあります。

ドコモ光の開通工事が必要

新たにドコモ光を契約する場合はドコモ光の工事をする必要があります。

また、ドコモ光はeoひかりのようにいつも工事費無料の特典を実施しているわけではありません。

工事費分のポイント還元と工事費無料キャンペーンを交互に実施する傾向があります。

eoひかりの解約には更新月が決まっていないので、ドコモ光が工事費無料キャンペーンを実施したタイミングで解約することをおすすめします。

ドコモ光がおすすめな人

●家族で使う人
●ドコモスマホユーザー
●スマホ料金を安くしたい人
●プロバイダを選択・変更したい人

全体的な価格設定はeo光の方が安いですが、ドコモ光ではスマホとセットだとかなり安くできます。

単身の人はeo光の方が安くなるかもしれません。

まとめ

eo光は安いと評判ですが、意外とドコモ光も安くできます。

家族で利用する場合に、ネット+スマホの料金安さ重視ならドコモ光がおすすめです。

ドコモ歴が長くなれば割引も大きくなるはドコモだけなので、スマホのキャリアを頻繁に乗り換えないならドコモでまとめるとお得になります。

★9割の方が一緒に読んでいます!!
『【2019年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』

★工事費無料!最大25,000円キャッシュバック!
『【2019年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料
『【2019年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

★50,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!
『【2019年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『【2019年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!
『【2019年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★月額3,600円!42,000円キャッシュバック!
『【2019年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*