ドコモ光キャンペーン比較!キャッシュバック、dポイントも損しない窓口はここ

公開日:2018/11/01 更新日:2018/11/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドコモ光のキャンペーン情報をまとめました。

●ドコモ光の公式キャンペーン
●家電量販店とプロバイダの独自キャンペーン
●dポイントの期限や使い方などの概要
●プロバイダの比較

などを分かりやすくしてあります。

申し込み窓口が違うだけで15,000円もお得になります。

この記事を読めば損をすることはありません。

ぜひ参考にしてみてください。
     

★9割の方が一緒に読んでいます!!
『【2018年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』

★11月30日迄!最大35,000円キャッシュバック!
『【2018年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料
『【2018年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

★55,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!
『【2018年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『【2018年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!
『【2018年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★月額3,600円!42,000円キャッシュバック!
『【2018年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

    

ドコモ光の公式キャンペーンと独自キャンペーンを理解する

ドコモ光のキャンペーンには大きく分かれて「公式キャンペーン」と「独自キャンペーン」の2種類あります。

公式キャンペーンとは?
公式キャンペーンはどこで申し込んでも受けられるドコモ光の公式キャンペーンを指します。

独自キャンペーンとは?
代理店やプロバイダなど、その窓口によって違うキャンペーンをいいます。
条件を満たせば「公式キャンペーン」+「独自キャンペーン」の両方を受けられるのでお得になります。

独自キャンペーンを実施している主な窓口
●家電量販店
●プロバイダ公式サイト
●ドコモ光代理店

※結論「公式キャンペーン」のみを実施しているドコモショップやドコモ公式サイトよりも「独自キャンペーン」を実施している代理店やプロバイダからの申し込みがおすすめです。

 

スポンサーリンク

2018年ドコモ光公式の申し込みキャンペーンの内容

ドコモ光には工事費無料や乗り換えのキャンペーンがない

ドコモ光の公式キャンペーンでは、工事費無料になるキャンペーンや乗り換え時の違約金を負担するキャンペーンがありません。

だからと言って、一概に損だということもありません。

代わりに多いのが、ドコモdポイントで還元するキャンペーンです。

後ほど、dポイントの使い方やため方についてご紹介しますね。

【新規契約】dポイント20,000ポイント進呈

ドコモ光を2年契約で新規申込みすると「dポイント20,000pt」がもらえるキャンペーンです。

ドコモ光の工事費は18,000円なので工事費が無料になるのことと同等となります。

【dポイント受け取りまでの流れ】
ドコモ光申し込み

ドコモ光開通

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

注意事項
●「ドコモ光」2年契約を新規申し込み
●申し込み月を含み7ヵ月以内に開通すること
●ポイントが進呈は、利用開始月の翌々月

【転用】dポイント5,000ポイント進呈

転用とは?
⇒フレッツ光からドコモ光に切り替えることです。

フレッツ光からドコモ光を2年契約で申し込むことで「dポイント20,000pt」がもらえるキャンペーンです。

【dポイント受け取りまでの流れ】
ドコモ光申し込み

ドコモ光開通

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

注意事項
●「ドコモ光」2年契約を新規申し込み
●申し込み月を含み7ヵ月以内に開通すること

スマホのりかえサポート

他社の携帯の解約違約金を1台につき10,260円還元してくれるキャンペーンです。

現金ではなくdポイントで還元されます。

※ドコモ光を契約している方かdカードGOLDへの入会をすることが条件

【例】auスマホからドコモスマホに家族3人のりかえる場合
:auスマホ→ドコモのスマホを契約
:auスマホ→ドコモのスマホ+ドコモ光=10,260pt×3人(合計30,780pt)
:auスマホ→ドコモのスマホ+dカードGOLDに入会=10,260pt×3人(合計30,780pt)

【dポイント受け取りまでの流れ】
ドコモ光申し込み

ドコモ光開通

他社解約の証明書コピーを送付

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

以下の条件1のどちらかと条件2が必要になります。

条件1-1
ドコモ光を新規契約または転用で5ヵ月以内に開通を完了すること
その際、「ドコモ光セット割」または「ドコモ光期間限定割」に加入すること。

 
条件1‐2
新規申込者本人名義で5ヵ月以内に「dカードGOLD」への入会をすること。
または、自分の他にも家族の中にドコモユーザーがいてその家族とシェアパックプランにして、どちらかが「dカードGOLD」への入会する。

条件2
SoftBank・au・Y!mobile・UQ mobileの2年契約解除料が確認できる証明書コピーを5ヵ月以内に提出すること。

この条件1‐1または条件1‐2+条件2で解約金相当金額10,260円分のdポイントが進呈されます。

家族紹介特典で最大50,000ポイント進呈

ドコモのスマホに家族の誰かが乗り換えると、一人につきdポイントが10,000ポイントが紹介者に進呈されます。

最大で5人まで紹介することができ、最大50,000ポイントもらうことが可能です。

【例】 紹介者:ドコモユーザーのお母さん のりかえる人:長女と長男の2人
dポイント10,000pt × 2人 = 20,000pt進呈

【dポイント受け取りまでの流れ】
「dポイントクラブアンケート」or店頭でキャンペーンに応募

紹介者がドコモにのりかえ

※同一シェアグループに加入

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

※シェアグループに加入するとは
⇒代表回線が家族でデータを分け合える「シェアパックプラン」を契約し、そのシェアするメンバーに加入すること

条件
●紹介者がドコモのサイトの「dポイントクラブアンケート」または店頭でキャンペーンにエントリーすること
●紹介された家族が他社からのりかえし、対応機種を購入すること
●他社からドコモにのりかえし、対応機種を購入した月の翌月1日時点で、紹介された家族が紹介者と同一シェアグループに加入していること

関西限定dポイント10,000ポイント進呈

関西限定でドコモ光を新規申し込みすると、dポイント10,000ポイントが進呈されるキャンペーンがあります。

公式キャンペーンにはもう一つのキャンペーンでdポイント20,000pt進呈もあります。

ともに条件は同じなので単純にもらえるポイントが増えることになります。

つまり、関西の方は最大30,000ポイントの進呈となります。

【dポイント受け取りまでの流れ】
ドコモ光申し込み

ドコモ光開通

適用判定

キャンペーンのポイント受け取り

条件
●「ドコモ光」2年契約を新規申し込み
●申し込み月を含み7ヵ月以内に開通すること
●「ドコモ光」のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること

ペア回線とは?
⇒ドコモ光の契約とセットで契約するドコモの携帯電話の回線のこと

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光キャンペーンのdポイントの概要

dポイントとは

dポイントとは、dポイントに加盟しているお店での買い物やスマホ代を支払ったり、ためることもできるポイントです。

ドコモユーザーでなくても、お得に使うことができるポイントです。

●1ポイント=1円
●有効期限は獲得した月から48ヵ月

Tカードなどと同じようにプラスチックのdポイントカードがあり、加盟店のローソンやマクドナルド、ドコモショップで手に入れられます。

dポイントカードは年会費や初期費用がかかるものではありません。

クレジットカード付帯のものだとランクによって年会費が発生します。

dポイントの用途と使い道

dポイントの使い方には以下のようなものに使い方があります。

●街のdポイントに加盟店でつかう
●dネットショッピングをdポイントで払う
●携帯電話の料金、スマホのデータ量追加にdポイントをつかう
●JALマイルやPontaポイントに交換する

街のお店にはコンビニやドラッグストアやアパレルショップ、スーパーマーケット、家電量販店、レストランなどが数多くあります。

 dポイントdポイント(期間・用途限定)
街のお店
ネットのお店
dマーケット
d払い
ギフトコ
(2019年2月28日で終了)
ドコモ商品
メールストア等ドコモサービス
寄付
レジャー施設等
チケット優待購入
(※4thステージ以上)
dポイントカードプリペイドのチャージ
携帯電話の料金の支払い
データ量追加
スゴ得クーポン
賞品が当たる抽選
dポイント投資
交換商品
●d払い
⇒スマホに表示させたバーコードやQRコードを見せることで、キャッシュレスで買い物ができるサービス。

●ギフトコ
⇒少額のギフトとしてスマホやパソコンのメール、LINE、Facebookからプレゼントできるサービス。

●メールストア
⇒ドコモメールアプリの中で使用できる「デコメ」「きせかえテーマ」を購入できるストア。

●スゴ得
⇒ニュースや天気、レシピをはじめ、たくさんのアプリやコンテンツが約180種類が使い放題になるコンテンツ。

●4thステージ
⇒ドコモ継続利用年数10年以上 or dポイント3,000pt以上以上(6ヵ月間累計)

※ドコモ光のキャンペーンでもらえるポイントはスマホ代の支払いやドコモ光の支払いには使用できません。

dポイント加盟店の数は現在拡大中なので、さらに幅広く使えるようになります。

dポイントの貯め方

dポイント加盟店でのお買い物をする時に、dポイントカード/dカードGOLD/dカード/dカードプリペイドを提示するとdポイントが貯める事ができます。

100円=1ポイントの還元率となっています。

ただし、電子マネーのチャージやキャッシングの返済、年会費などの支払いにはポイントがつきません。

また、dカードminiの場合には、200円=1ポイントの還元率になります。

dカードmini
ドコモが提供する電子マネー「iD」がスマホで使えるサービスで、ドコモユーザーのみが登録できます。
dカードminiで支払い、さらに一緒にdポイントカードを提示すると両方でポイントがたまります。
※iPhoneは未対応

例:マクドナルドで400円の料金をdカードminiで支払う+dポイントカードを提示
dカードmini⇒2ポイント
dポイントカード⇒4ポイント

がそれぞれでたまります。

さらに持っているポイントを増やしたければ、「dポイント投資」でポイントを運用することもできます。

増えたポイントはいつでも引き出すことができるようになっています。

dポイントの期限がいつなのか注意する

実はdポイントには2種類あります。

●dポイント
●dポイント(期間・用途限定)

ドコモ光のキャンペーンで貰えるのは「dポイント(期間・用途限定)」の方で、期限は6ヶ月です。

キャンペーンでもらったポイントは6ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

家電量販店のドコモ光のキャンペーン

知識豊富なスタッフから、対面で詳しく話を聞くことができるのは家電量販店のメリットです。

また、家電量販店のキャンペーンは店舗やエリア、時期によって変動が多いのが特徴です。

タイミングによってはキャッシュバックなどもあり、かなりお得になることもあります。

また、ドコモ光の公式キャンペーンにはない商品券がもらえるキャンペーンが家電量販店あったりします。

ビックカメラ・コジマ・エディオン・ノジマなどのキャンペーン

家電量販店でのキャッシュバックはだいたい1万円程度です。

受け取り方法は「商品券」「値引き」「普通為替」「ポイント」などです。

そしてお得なキャンペーンは月末の週末が狙い目です。

ビックカメラ・コジマ・エディオン・ノジマからドコモ光を申し込んだ場合の特典が以下。

【コジマ】
●現金10,000円

【エディオン】
エディオンポイントがもらえます。
●エディオンが提供しているプロバイダ、エディオンネットを契約すればエディオンポイントが15,000pt。
●その他のプロバイダを契約した場合はエディオンポイントが10,000pt。

【ビックカメラ】
●ビックカメラの商品券10,000円分
●ひかりTV for docomo+ドコモテレビターミナル 購入で10,000円分商品券

上記2つのキャンペーンを組み合わせて合計20,000分の商品券がもらえます。

【ノジマ】
●1万円分の普通為替

ノジマでこのようなキャンペーンが実施されていました。

ドコモ光にはのりかえサポートキャンペーンがありません。

なので他社を解約することで費用が発生する場合、基本的には自己負担になってしまいます。

それをノジマのキャンペーンでは以下の費用を最大5万円まで負担してくれます。

●工事費残債
●回線撤去費用
●他社違約金
●アナログ戻し手数料
※「アナログ戻し」とは、固定電話の番号を光電話でも引き続き使用するために必要な手続きです。

こういったキャンペーンを利用することで、費用を工夫するようにしてください。

店舗や時期によってキャンペーンに変動があり、すべての店舗で実施しているわけではありません。

時間があれば何店舗か回って比較してから契約するお店を選びましょう。

家電量販店で申し込むときの注意点

店員さんも必死なのでたくさんのサービスやいらないオプションをつけたがります。

それによって無駄にお金を支払い続けることになる可能性があります。

これが大きなデメリットです。

特に最初の月は無料といったオプションに入っていて、後々有料オプションになっていたなんてこともあります。

そんな風にオプションが何個も付いていたら、金額は大きくなります。

場合によってはキャンペーンで得したと思ったのに、むしろマイナスになってしまうのです。

実際、そんな経験を持つ人が多いのが家電量販店からの契約なのです。

僕の経験を記事にしてあります。

【僕の恨みは絶対に消えない】

契約する前に、店員さんが提案してくれたことに落とし穴がないか、しっかり確認しましょう。

ドコモ光のプロバイダのキャンペーン比較

プロバイダによって違うのは主に以下の項目についてです。

●キャッシュバック
●Wi-Fiルーターのレンタル
●セキュリティソフト
●困ったときのサポート

現在、キャッシュバックを実施しているのは26のプロバイダ中4社だけです。

そのキャッシュバックを実施している4社は、どこも15,000円と横並びの金額です。

プロバイダキャッシュバックv6プラスWi-Fi無料レンタル無料セキュリティ対策その他
GMOとくとくdカードGOLD5000円分のAmazonギフト券プレゼント
So-net
12ヵ月
DTI
12ヵ月
※別途利用申込みが必要
優待サービス
plala
24ヵ月
@nifty
12ヵ月
優待サービス
2ヵ月間付帯
ICnet
36ヵ月
BIGLOBE
※正確にはv6オプション

※別途申し込みが必要

12ヵ月
OCN
12ヵ月
SIS
永年
andline
※またはプリンター、スピーカー、スマホ対応TVレシーバー

12ヵ月
Wi-Fiルーター、プリンター、スピーカー、スマホ対応TVレシーバーの中から1つ
ドコモnet「ドコモ光ルーター01」「トータルサポート」申し込みでdポイント10,000進呈

ご覧の通り多くのプロバイダが、セキュリティ対策を期間限定の無料としています。

訪問サポート初回無料としているプロバイダが多いですが、場所によっては交通費がかかります。

また、サポート内容はプロバイダによって限定があり、範囲外のことは有料になります。

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

無料レンタル可能なWi-Fiルーターのスペックを比較してみました。

その結果、おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBでレンタル可能な2つのWi-Fiルーターが、他のプロバイダが提供するルーターよりも性能が優れているからです。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

購入すれば高額のWi-Fiルーターが無料なことは、かなりお得感がありますね。

さらにWi-Fiルーターの発送月を含む37ヵ月(約3年)利用した場合には、ルーターの返却は不要になります。

GMOとくとくBBを選ぶメリット

GMOとくとくBBを選ぶメリットをまとめると以下になります。

●15,000円のキャッシュバック
●高額のWi-Fiルーターが無料レンタルできる
●無料レンタルWi-Fiルーターが他社よりも最大速度が期待できる
●dカードGOLD5000円分のAmazonギフト券プレゼント
●公式キャンペーンのdポイント20,000ptも進呈される
(※転用の場合は5,000pt)

【キャッシュバックの条件】
・GMOとくとくBB公式サイトからドコモ光を申し込む
・2019年2月28日までに開通工事をすること
・ドコモ光回線の工事完了の翌月末日までにキャッシュバック受け取り手続きを完了すること
  
【キャッシュバック受け取り方法】
ドコモ光開通月を含む4ヵ月目にキャッシュバック特典についての案内がメールできます。
手続きが完了した翌月末日に指定口座に振り込まれます。

僕がおすすめするドコモ光のGMOとくとくBBの安心な窓口がこちらです。

11月30日迄!最大35,000円キャッシュバック!

2018年11月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント20,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターが無料!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

dポイント20,000円分=工事費(18,000円)が無料になるのと同じ事。

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

代理店からのキャッシュバックも珍しいので当サイトからも申し込みが急増しています。

※申し込みが増えると開通工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大35,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

価格コムのドコモ光のキャンペーンの落とし穴

価格.comは製品情報や口コミ、価格を比較するだけでなく、web代理店でもあります。

価格.comのキャッシュバック額はプロバイダよりも大きいのですが、ドコモのスマホを使うことが前提となっています。

価格.comから申し込み可能なプロバイダが以下です。

 キャッシュバック新規転用手続き方法メール/オンライン
手続きのタイミング
GMOとくとくBB20,088円送られてくるメール開通月の4ヵ月目
So-netオンライン開通月の2ヵ月後の15日以降
DTI送られてくるメール開通月の2ヵ月後
plala送られてくるメール開通月の5ヵ月目
@nifty送られてくるメール開通月の3ヵ月後
OCN送られてくるメール開通月の3ヵ月後月末
メリット
●キャッシュバック金額が大きい
●プロバイダ公式サイトではキャッシュバックを実施していないプロバイダに申し込んでもキャッシュバックがもらえる
デメリット
●ドコモの携帯電話の契約をしてあること

価格.comは確かにキャッシュバックは他のプロバイダのキャッシュバックより高額です。

しかし、ドコモユーザーであることが条件です。

ドコモユーザーでない方は、プロバイダやほかの窓口からの申し込みの方がお得です。

他社光回線からドコモ光へ乗り換えるときの注意点

ドコモ光には他社からの乗り換えをサポートしてくれるキャンペーンがないので以下のことに注意してください。

●更新月に解約すること
●工事費の残債
●プロバイダの解約を忘れない

更新月に解約すること

少しでも費用を抑えるためには「更新月のタイミングを逃さない」ことが重要です。

2年契約や3年契約といった契約更新は、ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光共に自動更新としています。

つまり、更新月を1日でも過ぎると自動で契約更新になってしまいます。

定められた更新月以外に解約してしまうと、月額料金の他に違約金が発生してしまいます。

更新月がいつなのかは自分で管理するしかありません。

更新月は提供元によって違っていて、短い期間なので注意してください。

●auひかり
2年契約更新月
⇒25ヵ月目と26ヵ月目、49ヵ月目と50か月目
  
3年契約更新月
⇒37ヵ月目と38ヵ月目、73ヵ月目と74ヵ月目
●ソフトバンク光
2年契約更新月
⇒24ヵ月目、48ヵ月目

※契約した月を1ヵ月目としています。

上記の更新月以外に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

違約金
●auひかり
⇒「ギガ得プラン(2年契約)」:9,500円(税抜き)
⇒「ずっとギガ得プラン(3年契約)」:15,000円(税抜き)
  
●ソフトバンク光
⇒9,500円(税抜き)

また、解約月の月額料金も光回線のプロバイダによって違います。

月額料金
auひかり
⇒日割り計算
   
ソフトバンク光
⇒日数に関係なく月額料金をまるまる支払い

プロバイダによっては、解約手続きを25日までにすればその月末で解約できるなど、差があります。

解約を希望する際には、事前に確認しておきましょう。

工事費残債の支払い

工事費の残債は解約の翌月に一括で請求されます。

auひかりは「工事費実質無料」ですが、戸建てタイプだと60回払いなので5年間契約しないと実質工事費無料にはなりません。

例 18ヵ月(1年半)で解約した場合
 
工事費-契約期間×625円=残債
37,500円-18ヵ月×625円=25,800円

工事費と違約金の両方を免除したい場合には、注意してください。

また、auひかりは2018年3月以降契約の場合、強制的に28,800円の撤去工事費もかかることになりました。

プロバイダのオプションの解約を忘れない

光回線を契約時に、別途有料のオプションなどに申込んだ場合はオプションの解約忘れないようにしましょう。

ソフトバンク光の場合、Yahoo! BB基本サービスは別途解約が必要です。解約しなければ永遠と支払いが続きます。

また、キャンペーンなどで加入が必須だったオプション「24ヵ月間無料」のオプションなどは忘れがちですので注意しましょう。

最初は無料だったオプションも1ヵ月ごとの自動更新となっていることが多いです。

光回線の解約の際にはオプションの確認もしてください。

まとめ

ドコモ光のキャンペーンは、dポイントによるキャンペーンがメインとなっています。

auひかりやソフトバンク光のキャッシュバックは魅力的ですが、その他オプションで結果的に月額料金が高くなったりすることもあります。

dポイントは使い道の幅が増えてきているので、工夫すればお得になります。

さらにポイントをためたり、増やすこともできるので、うまく活用して節約していきたいですね。

  
  

★9割の方が一緒に読んでいます!!
『【2018年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』

★11月30日迄!最大35,000円キャッシュバック!
『【2018年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料
『【2018年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

★55,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!
『【2018年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『【2018年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!
『【2018年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★月額3,600円!42,000円キャッシュバック!
『【2018年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*