ドコモ光×BIGLOBEは速度が遅い!?対策とおすすめプロバイダ | ヒカリCOM

公開日:2018/11/26 更新日:2018/11/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光のプロバイダは25社から選ぶことができます。

今このページを見てくださっている方にはBIGLOBEを検討している方が多いかと思いますが、結論から言うとBIGLOBEよりおすすめのプロバイダはあります。

・ドコモ光×BIGLOBEのメリット、デメリット
・ドコモ光でBIGLOBEよりおすすめのプロバイダ
・ドコモ光×BIGLOBEの口コミ、評判

など、これからドコモ光を契約する方、現在ドコモ光を利用していてBIGLOBEへのプロバイダ変更を検討している方にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

ドコモ光のBIGLOBEの料金・解約金

まず、ドコモ光の月額料金や解約金などについて確認していきましょう。

ドコモ光の月額基本料金

ドコモ光はプロバイダによって2種類の料金タイプがあり、BIGLOBEは料金の安い「タイプA」に属します。

BIGLOBE(タイプA)の月額基本料金は以下の通り。

 戸建てマンション
2年契約5,200円4,000円
契約期間なし6,700円5,000円

ドコモ光は2年契約のプランの他にも契約期間なしのプランもありますが、月額料金がかなり高いのでおすすめしません。

基本的に2年契約のプランになると思っていてください。

ドコモ光2年契約プランの解約金(違約金)

ドコモ光には2年間の契約期間が設定されており、申し出がない限り自動更新となり、契約が継続していきます。

2年間の契約期間が満了すると、その翌月と翌々月が契約更新期間になります。

この契約更新期間中であれば無料で解約ができるのですが、更新期間外に解約をすると下記の解約金(違約金)がかかります。

戸建てマンション
13,000円8,000円

戸建てタイプの方が解約金は高く設定されていますね。

プロバイダによって解約金が変わることはなく、全て共通です。

 

スポンサーリンク

ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにするメリット

ドコモ光では25社のプロバイダから好きなところを選択できますが、その中でBIGLOBEを選ぶメリットとはなんでしょうか。

それぞれBIGLOBE独自のメリットなのか、他のプロバイダにもあるメリットなのかという点も確認していきましょう。

IPv6(IPoE IPv4 over IPv6)接続対応で速度改善!

ドコモ光にはIPv6接続に対応したプロバイダがBIGLOBE含め24社あります。

IPv6接続とは、従来のIPv4接続よりも新しいインターネットの接続規格です。

ドコモ光で利用できるIPv6接続には、以下の3種類があります。

・PPPoE IPv6(速度改善なし)
・IPoE IPv6(一部サイトのみ速度改善)
・IPoE IPv4 over IPv6(全てのサイトで速度改善)

BIGLOBEでは、IPv6接続の中でも特に速度の改善が期待できる「IPoE IPv4 over IPv6接続」が利用できます。

「IPoE IPv4 over IPv6接続」というのは、ざっくり言うと「従来よりも快適な速度でネットが利用できる新しい接続方式」です。

詳しいことを説明するとややこしくなってしまうので、とにかく「利用することで速度が安定するサービス」だと思ってください。

このIPv6接続を利用するには、他の光コラボ(ソフトバンク光など)では月額料金がかかることがありますが、ドコモ光では無料で利用できるプロバイダが多いです。

BIGLOBEも無料で利用できるので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

BIGLOBE以外にIPv6接続(IPoE IPv4 over IPv6接続)に対応しているプロバイダ

・ドコモNet
・GMOとくとくBB
・ぷらら
・So-net
・@nifty
・DTI
・タイガースネット
・andline
・SIS
・OCN

BIGLOBE以外にも、多くのプロバイダがIPv6接続に対応しています。

ただし、IPv6接続を利用するための条件はプロバイダによって少しずつ違います。

IPv6接続対応Wi-Fiルーター無料レンタル!

IPv6接続を利用するには、IPv6に対応したルーターを使用する必要があります。

BIGLOBEでは、以下の機器でIPv6接続が利用できます。

・BIGLOBEのレンタルルーター
・ドコモ光電話対応ルーター(ひかり電話対応機器)
・ドコモ光ルーター01

以前はBIGLOBEからルーターをレンタルするのには月額500円がかかりましたが、2018年8月30日以降にドコモ光を申し込んだ方であれば、契約期間中ずっと無料でレンタルできます。

そのほか、ドコモ光電話を利用している方であればドコモ光電話対応ルーターでもIPv6接続が利用できますし、ドコモ光ルーター01ならドコモ光でIPv6接続(IPoE IPv4 over IPv6)に対応している全てのプロバイダで利用できます。

ただし、ドコモ光電話対応ルーターに無線LAN機能はないので、Wi-Fiは利用できませんし、ドコモ光ルーター01のレンタルには月額350円がかかります。

せっかく無料で借りられるので、BIGLOBEのレンタルルーターをおすすめします。

BIGLOBE以外にv6プラス対応ルーターを無料でレンタルできるプロバイダ

・GMOとくとくBB
・ぷらら(2018年8月1日以降にドコモ光を申し込んだ場合)
・So-net(訪問サポート初回無料と併用不可)
・DTI
・OCN

BIGLOBE以外の5つのプロバイダでIPv6接続対応ルーターの無料レンタルができます。

So-netは訪問サポートかルーターレンタルのいずれかしか選べません。

詳しくは後ほど比較しますが、この中で一番ルーターの性能が良いのはGMOとくとくBBです。

快適にWi-Fiを使いたい方は、BIGLOBEよりもGMOとくとくBBの方がおすすめです。

BIGLOBEネットあんしんパック for ドコモ光が12ヶ月無料

ウイルス対策・ネット詐欺対策・迷惑メールの3つのセキュリティソフトがセットになった「BIGLOBEネットあんしんパック for ドコモ光」。

このネットあんしんパックは通常月額500円かかりますが、最初の12ヶ月間は無料で利用できます。

13ヶ月目以降は通常通り500円の月額料金がかかります。

無料期間が終わったからといって自動的に解約されることはないので、無料期間だけ利用したいという方は解約のタイミングに注意しましょう。

BIGLOBE以外にセキュリティソフトが無料で利用できるプロバイダ

ドコモ光ではほとんどのプロバイダでセキュリティソフトのサービスが利用できます。

それぞれセキュリティソフトの種類や無料で使える期間を一覧表にまとめました。

プロバイダメール
ウイルス
チェック
セキュリティ
ソフト
ドコモnet無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ぷらら無料マカフィー
⇒24ヶ月無料
So-net無料カスペルスキー
⇒24ヶ月無料
GMO無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
nifty無料カスペルスキー
⇒12ヶ月無料
DTI無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ic-net無料ic-net安心
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
タイガース無料カスペルスキー
⇒永年無料
BIGLOBE無料セキュリティ
セット
プレミアム
⇒12ヶ月無料
andline無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
シナプス無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
excite無料Excite
インターネット
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
エディオン無料ウイルス
バスター
⇒月額429円
SIS受信時のみ
無料
スピーディア
永年無料
セキュリティ
⇒永年無料
楽天無料ウイルス
セキュリティ
⇒12ヶ月無料
TiKiTiKi無料ノートン
⇒月額450円

ウイルス
バスター
⇒月額450円

MyPC
セキュリティ
⇒月額200円
hi-ho無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ネスク無料ウイルス
バスター
⇒月額500円

マカフィー
⇒月額500円
01光コアラ無料
OCN送信時のみ
無料
マイセキュア
⇒12ヶ月無料
TCOM無料有害サイト
ブロック
⇒12ヶ月無料
TNC無料12ヶ月無料
AsahiNet月額200円カスペルスキー
⇒2ヶ月無料
WAKWAK送信時のみ
無料
マカフィー
⇒月額500円
ちゃんぷる受信時のみ
無料
ウイルス
バスター
⇒月額477円

セキュリティソフトの種類はパソコンとの相性もあるのでどこがいいかは一概に言えませんが、BIGLOBEよりも無料期間が長いプロバイダも多いですね。

ドコモNetだけは無料期間の終了と同時にセキュリティサービスも終了となりますが、それ以外のプロバイダでは無料期間が終わると自動継続となり課金されてしまうので要注意です。

接続や初期設定をおまかせ!訪問サポートが初回無料

BIGLOBEでは、インターネットの設定などがわからない場合にスタッフが家まで来てサポートしてくれる訪問サポートサービスが初回無料で利用できます。

無料になる範囲は以下の通り。

・インターネット接続設定(1台目)※2台目以降有料
・BIGLOBEメール設定(1アカウント)
・ひかりTV、dTV、dTVチャンネル、DAZNの視聴設定(各1回まで)

これ以外に以下の有料のサポートメニューもあります。

・パソコン、スマートフォン等接続設定(1台あたり)
⇒3,000円

・BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光設定⇒3,000円

・ひかりTV設定(1回あたり)⇒5,000円

・dTV設定(1回あたり)⇒5,000円

・dTVチャンネル設定(1回あたり)⇒5,000円

・DAZN設定(1回あたり)⇒5,000円

・光電話設定⇒3,000円

訪問サポートはBIGLOBEが訪問サポート会社に委託して実施するため、申し込みから1週間程度時間がかかります。

申し込んですぐに駆け付けてくれるというわけではないので注意しておきましょう。

BIGLOBE以外に訪問サポートが初回無料のプロバイダ

・ぷらら
・So-net(ルーターレンタルと併用不可)
・@nifty(3ヶ月以内)
・DTI
・ic-net(36ヶ月以内)
・タイガースネット(180日以内)
・シナプス(6ヶ月以内)
・SIS(60日以内)
・楽天ブロードバンド(60日以内)
・hi-ho(60日以内)
・OCN
・ちゃんぷるネット(12ヶ月以内何回でも無料)

開通から○○ヶ月以内など、初回無料で利用できる期間が限られているプロバイダも多いですね。

BIGLOBE、ぷらら、So-net、DTI、OCNは期限は定められていないので焦る心配もありません。

先程ルーターレンタルのところでも書きましたが、So-netはルーターレンタルか訪問サポート初回無料のどちらかを選ぶことになっているので、ルーターレンタルを選んだ場合には訪問サポート初回無料は利用できません。

ちゃんぷるネットは少し特殊で、開通から12ヶ月以内なら何回でも無料で訪問サポートが利用できます。

もちろんプロバイダによって無料になる範囲のサービスは異なるので注意しましょう。

リモートサポートが完全無料

パソコンの操作や設定などがわからない時に遠隔操作でサポートしてくれるリモートサポートというサービスがあります。

契約期間中であれば何度でも無料で利用できるので、パソコンやインターネットが苦手という方にはおすすめです。

逆に言うと、ある程度ネットに慣れている方には不要なサービスとも言えますね。

BIGLOBE以外にリモートサポートが完全無料のプロバイダ

・ぷらら
・DTI
・タイガースネット
・@ネスク

リモートサポートが完全無料のプロバイダは比較的少ないです。

期限付きで初回無料だったり、そもそもリモートサポート自体がないところが多いですね。

結論:BIGLOBEにこだわる必要もない

BIGLOBEのメリットと言えるサービスは、他のプロバイダにもあることが多いです。

「絶対にBIGLOBEでないとダメ!」ということはありません。

サポート面に関して言えば他社と比較しても優れていると思うので、「インターネットのことが何もわからないので助けてもらいたい」という方には向いているでしょう。

速度面や料金面で言えば、GMOとくとくBBなど他のプロバイダの方がおすすめできるというのが結論ですね。

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにするデメリット

続いて、デメリットも確認していきましょう。

キャッシュバックキャンペーンがない

BIGLOBEでは、申し込み時に現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施していません。

特に複雑な条件もなくお金がもらえるので、極力もらっておきたいところですよね。

ドコモ光以外でも多くの光回線でキャッシュバックを実施しているので、キャッシュバックがないのはデメリットと言えるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダ

・GMOとくとくBB
・ぷらら
・So-net
・DTI

以上の4つのプロバイダでは、現金最大15,000円のキャッシュバックを実施しています。

ドコモ光はそもそもあまりキャッシュバックに力を入れていないので、キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダも少ないです。

ドコモ光はプロバイダによって料金があまり変わらないので、キャッシュバックの有無はとても大事。

プロバイダ選びの際のキャッシュバックの重要性

ではここで、キャッシュバックの重要性について少し解説しますね。

以下の2つのケースを見て、どちらの方がお得だと思いますか?

➀月額料金4,800円の回線を2年間使用した場合(キャッシュバックなし)
➁月額料金5,300円の回線を2年間使用した場合(キャッシュバック15,000円あり)

パッと見では月額料金が500円安い➀のケースの方がお得に見えますよね。

ですが、実際に計算してみると……

➀のケース

月額料金4,800円×24ヶ月=115,200円

➁のケース

月額料金5,300円×24ヶ月=127,200円

127,200円-キャッシュバック15,000円=112,200円

➁の方が安い

月額料金が高い➁のケースの方が、3,000円安いという結果になりました。

このように、キャッシュバックは総合的な出費額に大きな影響を与えるのです。

月額料金があまり変わらないドコモ光では、キャッシュバックが高いプロバイダを選ぶことが重要になってきます。

申し込みの時期によってはIPv6対応ルーターのレンタルが有料

先程も少し触れましたが、BIGLOBEはドコモ光を申し込んだタイミングによってIPv6対応ルーターのレンタルが有料になります。

2018年8月30日以降にドコモ光を申し込んだ方であれば無料でレンタルできるのですが、2018年8月29日以前に申し込んだ方はレンタルに月額500円がかかります。

これからドコモ光を申し込むという方には関係ない話ですが、2018年8月29日以前に既にドコモ光を申し込んでいるという方にとっては大きなデメリットです。

GMOとくとくBBなど、完全に無料で対応ルーターをレンタルできるプロバイダへの変更をおすすめします。

解約時にルーターの返送料がかかる

BIGLOBEを解約するとレンタルルーターも返却することになりますが、その際に1,300円の返送手数料がかかります。

また、プロバイダの解約から1ヶ月を過ぎても返却しないと下記の端末代金相当額を請求されてしまいます。

Aterm WG1200HP3
⇒6,000円

Aterm WG1810HP(JE)
⇒16,000円

ルーターの機種は基本的に上のAterm WG1200HP3ですが、発送の時期によっては下のAterm WG1810HP(JE)になる可能性もあります。

いずれにしてもなかなか高くつくので、解約の際は忘れずに返却するようにしましょう。

一定期間利用すればルーターの返送義務がなくなるプロバイダ

・GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、端末月を含む37ヶ月間レンタルルーターを利用すれば返送の義務がなくなります。

つまり、37ヶ月間継続して利用すればそのルーターをもらえるというわけです。

それ以前に解約した場合は当然返送しなければいけませんが、最終的にルーター返送の義務がなくなるのは楽ですよね。

現時点で、このようなサービスを実施しているのはGMOとくとくBBだけです。

速度に不満の口コミが多い

口コミや評判については後ほど詳しくまとめますが、BIGLOBEは速度に関する不満の口コミがやや多いです。

もちろん利用環境によって速度は変わりますし、ネット上の評判が全てではないのであまり鵜呑みにすべきではありませんが、とにかく快適な速度でネットを使いたい!という方は判断材料にしてもいいかもしれません。

速度重視の方必見!レンタルルーターのスペック比較

先程IPv6対応ルーターを無料レンタルできるプロバイダについて紹介しましたが、そのルーターのスペックには大きな差があります。

メーカーや価格、最大速度などを一覧表にまとめました。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

最大速度はGMOとくとくBBのルーターがずば抜けて優れていますね。

GMOとくとくBBのルーターにもBIGLOBEと同じNEC製のものがありますが、型番が違います。

最大速度を見てもわかるように、ルーターの性能で言えば圧倒的にGMOとくとくBBの方が優れているんです。

せっかく無料でレンタルできるなら、性能は良いに越したことはありませんよね。

GMOとくとくBBは速度に関する評判が本当に良いので、ドコモ光を検討していて速度を重視したい方にはBIGLOBEよりもGMOとくとくBBをおすすめします。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

IPv6オプションとIPv6オプションライトの違い

ちょっとややこしい話になりますが、BIGLOBEには「IPv6オプション」と「IPv6オプションライト」という2つのIPv6接続サービスがあります。

それぞれの違いや注意点について解説していきますね。

全般的に速度が改善されるのはIPv6オプション

IPv6オプションとIPv6オプションライトはどちらもIPoEという接続方式なのですが、少し違いがあります。

IPv6オプション⇒IPoE IPv4 over IPv6(全てのサイトで速度改善)
IPv6オプションライト⇒IPoE IPv6(一部サイトのみ速度改善)

先程も少し触れましたが、もう少しだけ詳しく説明しますね。

まずインターネットのページには、IPv6対応のサイトとそうでないサイトがあります。

IPoE IPv6(IPv6オプションライトの方)は、IPv6対応のサイトはIPoE方式(速度が改善される接続方式)で接続し、そうでないサイトは従来のPPPoE方式(速度が改善されない接続方式)で接続されます。

一方IPoE IPv4 over IPv6(IPv6オプションの方)は、IPv6対応のサイトはもちろん、そうでないサイトも自動的に変換してIPoE方式で接続してくれるのです。

つまり、IPoE IPv4 over IPv6であれば、全てのサイトで速度が改善するというわけです。

IPv6オプションが利用できない場合はIPv6オプションライト

とても魅力的なIPv6オプションですが、IPv6オプションでのIPv6接続では、以下のサービスは利用できません。

・BIGLOBEフォン
・固定IPサービス
・ダイナミックDNSサービス
・一部通信型ゲームなど特定ポートを使用するサービスまたは複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービス
・外部へのサーバ公開

ドコモ光×BIGLOBEの速度が遅いと感じる時の解決策

現在ドコモ光のプロバイダをBIGLOBEにしていて、速度に不満があるという方もいるでしょう。

その場合の解決策をご紹介します。

IPv6オプションに切り替える

あまりにも速度が遅い場合は、IPv6オプションに切り替えることで解決することがあります。

BIGLOBEは、2018年8月30日以降にドコモ光を申し込んだ方であれば無料でIPv6対応ルーターがレンタルできます。

それ以前にドコモ光を申し込んだ方はレンタルに月額500円かかるので注意しましょう。

プロバイダを変更する

BIGLOBEを利用しているけどIPv6対応ルーターのレンタルに月額料金がかかってしまうという方は、プロバイダの変更をおすすめします。

IPv6(IPoE IPv4 over IPv6)対応かつ、ドコモ光の契約時期に関わらずIPv6対応ルーターが無料でレンタルできるのは以下の3社。

・GMOとくとくBB
・DTI
・So-net

中でもGMOとくとくBBは速度に関する評判がとても良いのでおすすめです。

ドコモ光のプロバイダ変更の方法や注意点

現在ドコモ光を利用している方で、BIGLOBEから他のプロバイダ、または他のプロバイダからBIGLOBEに変更したいという方もいるでしょう。

ここではドコモ光のプロバイダ変更についてまとめました。

変更手続き方法

プロバイダの変更は、ドコモインフォメーションセンターに電話するか、最寄りのドコモショップで手続き可能です。

ドコモインフォメーションセンター

●ドコモの携帯電話からの場合
⇒151

●一般電話などからの場合
⇒0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

手続きに必要なもの

手続きの際には、以下の要素で本人確認をします。

●ドコモの携帯電話を利用している場合
・ネットワーク暗証番号
・口頭での本人確認
※原則本人確認資料は不要

●ドコモの携帯電話を利用していない場合
・契約ID(お客さまID)等

プロバイダの変更には事務手数料がかかる

プロバイダの変更には、ケースによって事務手数料がかかります。

同一タイプ内での変更

事務手数料:3,000円

タイプAからタイプA、タイプBからタイプBなど、同一タイプ内での変更には3,000円の事務手数料がかかります。

別タイプへの変更

事務手数料:3,000円

タイプAからタイプB、タイプBからタイプAなど、別タイプへの変更には3,000円の事務手数料がかかります。

単独タイプからタイプAまたはタイプBへの変更

無料

単独タイプからタイプA、単独タイプからタイプBなど、別途プロバイダの契約をしていた方がドコモ光提携プロバイダのセットプランに切り替える場合には、無料で変更ができます。

タイプAまたはタイプBから単独タイプへの変更

事務手数料:3,000円

タイプAから単独タイプ、タイプBから単独タイプなど、ドコモ光提携プロバイダのセットプランを利用していた方が別途プロバイダの契約が必要な単独タイプに切り替える場合には、3,000円の事務手数料がかかります。

プロバイダの変更にかかる日数

プロバイダの変更は、同タイプ・別タイプに関わらず、手続きした翌月から反映されます。

手続きしてすぐ切り替わるというわけではないので注意しましょう。

プロバイダのオプション解約は自分でする必要がある

前のプロバイダでオプションサービスの契約をしていた場合は、自分で解約手続きをしない限りずっと請求され続けます。

別途オプションの解約手続きが必要なので、必ずプロバイダの変更前に契約内容を確認してオプションの解約を済ませておきましょう。

ドコモ光のBIGLOBEとBIGLOBE光どっちがいい?

BIGLOBEはプロバイダだけでなく、「BIGLOBE光」という光コラボ事業もやっています。

少しややこしい話になりますが、ドコモ光(プロバイダBIGLOBE)とBIGLOBE光はどう違うのかを解説していきます。

BIGLOBE光はドコモのスマホとセット割ができない

現在ドコモ光を検討している方のほとんどは、ドコモのスマホを利用している方だと思います。

ドコモ光の最大のメリットである「スマホとのセット割」ですが、BIGLOBE光ではドコモのスマホとのセット割はできません。

BIGLOBE光でセット割ができるのは、auのスマホです。

結論:ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

同じBIGLOBEでも、使っているスマホのキャリアによってどちらがおすすめかは変わってきます。

ドコモのスマホを利用している方
⇒ドコモ光

auのスマホを利用している方
⇒BIGLOBE光

このように、セット割がきく光コラボにする方がお得になるのでおすすめです。

ドコモ光のBIGLOBEの口コミ・評判

では、実際にドコモ光でBIGLOBEを利用している方の声を聞いてみましょう。

良い口コミも悪い口コミもどちらも紹介していきますが、鵜呑みにしないよう参考程度にご覧ください。

速い!快適!速度に満足の口コミ

十分な速度に満足している方の口コミです。

地域や利用環境によっても速度は異なりますし、どれくらい速度が出ていれば快適と感じるかはネットの使い方や個人の感覚によっても違います。

とはいえ、ちゃんと速度に満足している方もいるので一概に「BIGLOBEは遅い」とは言えないでしょう。

通信速度が遅いと不満の声も

ドコモ光でBIGLOBEを利用しているという方の、速度に関する不満の口コミも見つかりました。

中には1Mbpsを切ってしまっているという方も。

人気のプロバイダなだけに、どうしても混雑は避けられないようです。

もちろん速度に関しては利用環境の影響もありますし、どこからが遅いと感じるかも人それぞれなので、あまり鵜呑みにしすぎるのも良くありませんね。

IPv6オプションで安定、超快適!

IPv6オプションを利用して安定した速度で利用できるようになったという方もいます。

BIGLOBEは速度に不満の口コミも多いですが、IPv6オプションで解決できる可能性は大いにあるので試す価値はありますね。

おすすめはGMOとくとくBB

結論として、BIGLOBEよりもおすすめなのはGMOとくとくBBです。

これまで数々の光回線やプロバイダを調べてきましたが、プロバイダ選びで大切なのは「速度」と「キャッシュバック」です。

特に速度は、快適にインターネットを使えるかどうかにダイレクトに影響するため、絶対に重視しておきたいところ。

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダの中でもトップクラスに速度の評判がよく、無料でレンタルできるWi-Fiルーターの性能も抜群です。

絶対にBIGLOBEじゃないと嫌!という方でなければ、GMOとくとくBBをおすすめします。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

まとめ

以上、ドコモ光のBIGLOBEについてのまとめでした。

BIGLOBEのサービス自体はそこまで悪くはないのですが、プロバイダ選びで最も重要な速度の面ではGMOとくとくBBに軍配が上がります。

インターネットを利用する上で、速度が安定しているかどうかは何よりも大切なこと。

手数料はかかりますが、プロバイダに不満があれば変更も簡単にできるので、まずはGMOとくとくBBを試してみることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*