auでんきは料金の高さがデメリット!口コミ・評判からわかる微妙なお得度

公開日:2016/04/06 更新日:2018/11/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はauでんきをおすすめしません。

理由は料金が高いし、メリットが本当に少ないからです。

auユーザーの方、なんとなくauでんきと契約すると後悔しますよ?

電気の切り替えなら間違いなくLooopでんきをおすすめします。

この記事ではauでんきをおすすめしない理由と、Looopでんきをおすすめする理由をまとめました。

契約しないで下さい!とは言いませんけど、焦って契約するほどでも無いというのが僕の考え。

その理由を、他の電力会社との料金比較やメリット・デメリットを交えて解説していきます。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきの一番のメリットは基本料金が0円なところです。

使用量が増えるとあがっていた1kwhの単価も一律料金なので使いすぎた月も電気代が高くなることがありません。

みなさんが心配される、面倒な手続きや工事などもありません。

他の電力会社に切り替えたい場合の解約金もかかりません。

●今より電気代を安くしたい
●どの電力会社を選んでいいかわからない
●少しでも貯蓄にまわしたい

という方は自信をもっておすすめできるサービスです。

僕もLooopでんきに切り替えて毎月1,000円ちょっと料金が安くなりました。

いつ解約しても違約金は発生しないので、私のようにお試し感覚で申し込んで継続されている方が多いみたいです。

期間限定で下記の窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

結論!auでんきよりLooopでんきがお得です!

2018年最も人気のあるのがLooopでんきです。

auでんきの内容に入る前に、Looopでんきのメリットをまとめました。

こんなにメリットのある電力会社はないと思います。

Looopでんきのメリット

◎基本料金が0円
一般的のご家庭で800円~1000円かかる料金がLooopでんきだと0円です。

これだけで年間1万円以上の節約が期待できます。

◎1kwhの料金が一律でお得(多くの電力会社は使えば使うほど単価が高くなる)
これまでの電力会社は、電気の使用量が増えるほど1kwhの単価が高くなっていました。

Looopでんきはどれだけ電気をつかっても一律料金なので使いすぎても料金が高くなることはありません。

むしろかなりお得になります。

◎違約金が0円。いつでも解約できる
契約期間の縛りや違約金がないのでいつでも他の電力会社に乗り換えることができます。

僕も今はLooopでんきをつかっていますが、他にもっといい新電力があったらすぐに乗り換えるつもりです。

いつ解約してもお金がかからないので、お試し感覚で申し込んで、あんまり安くならなかったら解約すればいい。

こういう選択肢の幅が広がるのもメリットでしょう。

◎評判が良い
とにかく評判がいい!悪い評判がみつからないんです。

今までいろんな口コミを調べてきましたが、どんなに良いサービスでも賛否両論あって当然のこと。

でもLooopでんきに限っては今のところ、悪い口コミはみつかりません。

それだけ利用者が満足しているということですかね。

◎再生エネルギーをつかっている
正直、僕は電気代が安くなればなんでもいいと思っているので、発電方法はどうでも良い派です。

Looopでんきは太陽光・水力・風力などで発電した再生エネルギーを提供います。

温暖化が騒がれているなか、企業のイメージアップにはなりますね。

Looopでんきは基本料金や解約金が0円というメリットだけではなく、口コミ・評判もとっても良い新電力です。

私も知り合いにすすめられ、解約金もかからないのでお試し感覚で契約しましたが、月々の料金も1,000円ちょっと安くなり妻も喜んでいます。

1ヶ月試してみて安くならなければ、元の電力会社に無料で戻せます。

申し込みも小学生でもできるくらい簡単ですし、わずらわしい手間などもないので、自信をもっておすすめします。

期間限定で下記の窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

★Looopでんきの人気の理由に納得できます
⇒『Looopでんきの評判が素晴らしい!切り替えて年間20,000円も節約できました!

 

スポンサーリンク

auでんきをおすすめしない理由

この後、auでんきについて紹介していきますが、僕はauでんきをおすすめしません。

auでんきをおすすめしない理由
●料金が高い
●特典サービスも寂しい
●評判も微妙
●他の新電力の方が断然お得

以上になります。

色んな電力会社を調べてきたからこそ、この記事を読んでいる方には他の電力会社をおすすめしたいです。

「料金、特典サービス、評判、他の電力会社との比較」

申し込み前に知るべき情報をわかりやすくまとめてあるのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

auでんきのデメリット

ここではauでんきのデメリットについてまとめました。

重要!料金が高い

僕がauでんきをおすすめできない1番の理由は料金が高いからです。

電力自由化の目的は、電気代を安くすることです。

ここでは既存の電力会社や、他の新電力とauでんきの料金をわかりやすく比較しました。

これを見たら、auでんきがあまりお得じゃないことがわかります。

この記事で1番重要なポイントなので是非最後までご覧ください

東京電力とauでんきの料金比較

 東京電力auでんき
10A280.8円280.8円
15A421.2円421.2円
20A561.6円561.6円
30A842.4円842.4円
40A1,123.2円1,123.2円
50A1,404円1,404円
60A1,684.8円1,684.8円
最初の120kwh迄
(1段料金)
19.52円19.51円
120~300kwh
(2段料金)
26円25.99円
300kwh~
(3段料金)
32.02円30.01円

東京電力とauでんきの基本料金は同じです。

基本料金とは電気の使用量に関係なく、契約アンペア数(10A~60A)によって料金が変わります。

毎月支払わなければいけないので、比較して見ると1円もお得にならないことがわかります。

東京電力より安く基本料金を設定している新電力もありますし、中にはLooopでんきのように基本料金が0円の新電力もあります。

続いて従量料金を見ていきましょう。

従量料金とは1kwhの単価で、基本的には使用量が増えるほど単価があがっていきます。(中には下がる電力会社もあります)

表をみると2段料金まで0.01円しか安くならないことがわかります。

3段料金は2円安くなりますが、もっと従量料金を安く設定している新電力がある中で、この料金設定は決してお得だとはいえないでしょう。

具体的にシュミレーションしてみればauでんきがお得じゃない事がわかります。

●30Aで200kWh使用した場合
東京電力
5264.8円

auでんき
5262.8円

差額:auでんきが2.4円安い

●40Aで450kWh使用した場合
東京電力
12948.6円

auでんき
12644.1円

差額:auでんきが304.5円安い

電気代が安くなりますよ!と言われたからauでんきに切り替えたのに、月に2円しか安くならないで誰が納得できるでしょう?

多めにつかった場合でも月に300円程度しか安くなりません。

電気代は使用量によってどれだけ安くなるかは変わってきますが、今回のシュミレーション結果で満足さえれる方はいるでしょうか?

300円でも安くなれば満足だという方もいると思いますが、この後の他の新電力との比較をみればその考えが変わるはずです。

他の新電力とauでんきの料金比較

 auでんきLooopでんき東京ガス電気
10A280.8円0円280.8円
15A421.2円0円421.2円
20A561.6円0円561.6円
30A842.4円0円842.4円
40A1,123.2円0円1,123.2円
50A1,404円0円1,404円
60A1,684.8円0円1,684.8円
最初の120kwh迄
(1段料金)
19.51円26円19.49円
120~300kwh
(2段料金)
25.99円26円24.89円
300kwh~
(3段料金)
30.01円26円26.99円

人気のLooopでんきと東京ガス電気と比較したいと思います。

まずは基本料金を見ていきましょう。

表を見るとauでんきと東京ガス電気の料金は同じことがわかります。

2社と比較してみると、Looopでんきは0円になります。

例えば40Aの契約の場合、基本料金だけでLooopでんきが1123.2円安くなるということです。

因みに基本料金0円の電力会社はLooopでんきをふくめて数社しかなく、その中でも2018年の時点で1番人気なのがLooopでんきです。

次に従量料金を見ていきましょう。

まずauでんきと東京ガス電気を比較すると、東京ガス電気の方が安いことがわかります。

特に3段料金の差が大きいので電気をたくさん使う人にとっては東京ガス電気の方がお得になります。

一方で、Looopでんきは一律で26円。

電気の使用量が増えると従量料金の単価はあがる電力会社がほとんどなので珍しい料金体系です。

1段料金と2段料金を2社と比較すると高いですが、Looopでんきは基本料金が0円です。

この差がどう影響してくるのか、実際にシュミレーションしてみました。

●30Aで200kWh使用した場合
auでんき
5262.8円

Looopでんき
5200円

東京ガス電気
5172.4円

東京ガスが1番安い

●40Aで450kWh使用した場合
auでんき
12644.1円

Looopでんき
11700円

東京ガス電気
11990.7円

Looopでんきが1番安い

●40Aで600kWh使用した場合
auでんき
17145.6円

Looopでんき
15600円

東京ガス電気
16039.2円

Looopでんきが1番安い

以上のような結果になりました。

あくまで今回のシュミレーションは例なので使用量によってどの電力会社が安くなるのか変わってきます。

ただ、auでんきよりお得な電力会社があるということはわかって頂けたと思います。

Looopでんきに関しては従量料金(1段料金)は高いように感じますが、基本料金が0円なので結果的に安くなる場合が多いです。

下記のLooopでんき公式サイトからシミュレーションをしてみてください。

1ヶ月試してみて安くならなければ、元の電力会社に無料で戻せます。

月々の使用量を入力するだけなので1分もかからないで料金シミュレーションができます。

期間限定で下記の窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

解約金がかかる

auでんきの場合には自動更新がありませんけど、1年以内の解約で違約金(2,000円)が発生します。

ただ、最低利用期限の1年以内であっても引っ越し先がauエリア外だった場合にも解約違約金は掛かりません。

解約金のかからない新電力も多い中、2,000円だとしても違約金が発生するのは利用者に親切だとは言えないと思います。

解約時の連絡先
お客さまセンター(auでんき)
受付時間:9:00~20:00/年中無休 携帯電話/一般電話から
0120-925-881

※2018年5月30日の時点では解約金は発生しません。ただ、またサービス内容が代わり解約金が発生する可能性もあるとのことです。

オール電化に対応していない

auでんきはオール電化に対応しているプランがありません。

auのスマホ、auひかりを契約していてもオール電化住宅の方はauでんきを利用できません。

オール電化に対応している新電力もあるので、今後に期待したいところですね。

auでんきのメリット

続いてauでんきのメリットを紹介します。

au WALLETがたまる

au WALLETとはプリペイドカードみたいなものです。Suicaのようにポイントをチャージしたりすることができます。

「au WALLET プリペイドカード」に電気料金の1~5%相当分がチャージ(キャッシュバック)されるサービスです。

条件
auケータイ・スマホ、もしくはauひかりを契約している方が対象になります。

電気料金によって還元率は違い

  • 5,000円未満 ⇒ 1%
  • 5,000円以上8,000円未満 ⇒ 3%
  • 8,000円以上 ⇒ 5%

参考までに…

例えば、5,000円が今月の電気料金だった場合、au WALLET プリペイドカードにチャージ(キャッシュバック)されるのは「150円相当のポイント」です。

これがお得と考える人もいれば、手続きなどの手間を考えれば意味がない言う方もいるでしょう。

もっと頑張ってほしい

まだauでんきに関する意見は少ないですが、例えばツイッターではこんな声も。

‏@oshiete_49
auでんき ってなんでスマホの契約とか auひかり 契約してる人に割引ないの?
もっと待遇よくしてあげるべきじゃね? 
消費税より低い%のポイント貰ったってお得感ゼロでしょ。
スマートバリュー的な割引すべきじゃね?
儲かってるからって、余裕ブッコいてると後で痛い目みるよw

確かにスマートバリューの最大2,000円割引に比べたら、auでんきのセット割って…。比べてしまうと微妙なのは明らかですよね。

どんどん貯まるポイント

もう一つメリットがあるとすれば、au WALLET プリペイドカードは電気料金以外にも買い物でポイントを貯めることができます。スーパー、セブンイレブンなど、お買い物として利用することができます。また、上限20,000円までチャージできて、一般的なプリペイドカードとしても利用可能です。

  • 全国のスーパー、インターネット   ⇒ 200円で1P
  • ポイントアップ店(セブンイレブン) ⇒ 200円で2P
  • auスマホ・ケータイ料金       ⇒ 1,000円で10P

ポイントを金額に換算すると『1P=1円』貯まるポイントは微々たるものですけど、ちょっとしたお小遣い感覚が味わるので嬉しいものです。

申込み注意事項
auでんきを契約すれば誰でもau WALLET プリペイドカードのチャージ(キャッシュバック)のセット割を受けれるわけではありません。

  • 家族の誰かがauケーター・スマホもしくはauひかりを契約していること
  • au WALLET プリペイドカードの契約があること

その他の条件として、ケイータイ・スマホとauでんきの契約住所が同一である必要があります。

au WALLET プリペイドカードの申込みはインターネットからau公式サイトより簡単にお申込みできます。契約しないにしても、ご興味あれば内容だけでも確認してみては如何でしょうか?

分からなことがあれば、電話で問い合わせてみればいいと思います。

  • au携帯から局番なし 157(無料)
  • 一般電話から 0077-7-111(無料)
  • 電話の受付時間 09:00~20:00

 

請求をまとめられる

auでんきを契約することで、携帯電話の料金やインターネット回線の料金と請求をまとめることができます。

ただ請求が一つになるだけで、支払う料金は変わりません。

後ほど、紹介しますがauでんきの料金は決してお得ではありません。

でんき代を節約したいと考えるなら他の電力会社の方がかなりお得になることを覚えておいてください。

提供エリアが広い

auでんきは基本的に全国で利用できるけど、一部契約できないエリアもあるようですので、念のためにau公式HPに記載されている『ご利用いただけない地域一覧』から確認しておいて下さい。

一部の地域でしか利用できない新電力もあるので、一応auでんきのメリットにはなりますね。

Wowma!(ワウマ)がたまる

Wowma!とは、auの公式通販サイトです。

ファッションや家電、日用品、グルメなど、6,000店舗以上の店舗が出店しています。

auでんきに申し込むとそこで使えるポイントがもらえます。

キャンペーンや、auでんきのガチャでもらえますが、Amazonや楽天などをすでに利用している人からすると、特別メリットには感じないでしょうが一応メリットにいれておきます。

auでんきの評判

インターネットに投稿されているauでんきの口コミ・評判を見ていきましょう。

auショップの投稿が多くあまり参考になるような投稿は見つかりませんでしたが、参考までに一部紹介できそうなものだけまとめました。

営業がうざい

インターネットの口コミでよくある営業に関する口コミです。

知名度のあるauが提供するサービスだからといって安心していませんか?

町のauショップや家電量販店の店員は派遣社員やauと代理店契約している会社の従業員がほとんどです。

一流企業の営業マンではないということなんですね。

本当にたちの悪い営業マンもいるので気を付けましょう。

auでんきに限らず、強引な営業マンの契約は断固として断ってください。

業種関係なく契約トラブルの多くは強引な営業で契約してしまった時が多いです。

アプリで使用量が把握できる

auでんきはアプリで電気料金や使用量が確認できます。

電力自由化がはじまった当初は、参入していた会社が少なかったために珍しいと感じる人も多かったですが、ほとんどの電力会社でも同じようなサービスがあります。

従来の電力会社にない、便利なサービスであることには変わりませんが、特別、auでんきのメリットにはならないということです。

ショップや家電量販店などの営業マンは、言葉巧みにメリットを説明してくると思いますが、「どこの電力会社にも同じサービスはある」と思って聞き流しましょう。

ショップの勧誘に注意

以前、家電量販店にauひかりの話を聞きに行った時のことです。

椅子に座らされ一通りプランなどの説明を受けたあと、auでんきの話をされました。

店員はいつでも無料で解約できるのでお得ですよ!と言っていたので、家に帰ってからauでんきについて調べてみると、1年未満の解約で違約金2,000円が発生する事がわかりました。

全ての、ショップの店員がそういうわけではありませんが、中には僕が体験したような酷い店員がいるので気をつけてください。

安くなったという口コミは少ない

auでんきの口コミを調べていましたが、安くなったという口コミはあまり投稿されていませんでした。

先程、紹介した他の電力会社との料金比較をご覧になれば一目瞭然ですがauでんきは安くないんです。

こんな事いうとauさんに怒られてしまいそうですが、他の電力会社の方が料金面だけ見ると安くなる場合が多いです。

そもそもツイッターの口コミはショップの投稿ばかりで安くなって満足しているという方はほとんどいませんでした。

既存の電力会社と比較すると従量料金がほんの少し安いだけ。

知名度のあるauが提供しているでんきサービスだからといって安易に契約するのはおすすめしません。

auでんきのキャンペーン・キャッシュバック情報

auでんきに申し込んでもキャッシュバックはありません。

auでんきに関わらず、キャッシュバックを出している電力会社はほとんどありません。

ポイントがもらえたり、ちょっとしたサービスはありますが電力会社の切り替えでキャッシュバックは期待しないようにしましょう。

auでんきの支払方法

auでんきの支払い方法は4つあります。

●口座振替(無料)
●クレジット払い(無料)
●請求書発行(200円)
●窓口で払う場合手数料(300円)

手数料がかからない口座振替かクレジット払いをおすすめします。

使用量や料金の情報はアプリで無料で確認できるので、請求書をわざわざ取り寄せる必要はありません。

紙請求の廃止方法については以下を参考にしてください。

<紙請求書のお申し込み・廃止方法>

au携帯電話から:157(無料)
au以外の携帯電話・一般電話から:0077-7-111(無料)
※上記番号がご利用になれない場合:0120-977-033
※時間:9:00~20:00

auでんきの申込み方法・手順

auでんきの申込み手順


検針票の準備

申込みの連絡は問い合わせをする場合には必ず、現在契約している電力会社から発行された検針票を準備しておきましょう。

その他の質問

解約方法

auでんきを申し込みした店舗、またはお客さまセンターに連絡しましょう。

0120-925-881
時間:9:00~20:00(年中無休)

※以前は1年未満の解約で2,000円の違約金が発生していましたが、2018年5月30日の時点では解約金(2,000円)は発生しません。ただ、またサービス内容が代わり解約金が発生する可能性もあるとのことです。

マンションやアパートでも契約できる?

マンションやアパートでも契約できます。

ただ、建物自体で一括受電(決まった電力会社と契約している事)している場合は契約できません。

その場合は、残念ですが諦めるしかありません。

引っ越しを控えている方で電気の切り替えを検討している方は事前に管理会社や大家さんに確認することをおすすめします。

引っ越しについて

引っ越しの10日前までに下記のどちらかに連絡しなくてはいけません。

新しい住まいがマンション一括受電サービスを導入している場合や、オール電化の場合はauでんきにお申込みはできません。

WEBでの連絡
https://www.au.com/cs/hikkoshi_form/login/

電話での連絡
0120-925-881
9:00~20:00(年中無休)

まとめ

捉え方に個人差はあるけれど、auでんきは言うほどお得と言えるでしょうか?

月々5,000円の電気料金で150円分相当のポイントキャッシュバック。かと思えば東京電力の東京電力の従量電灯Bプランと比較すると高くなる料金…

しかも解約違約金まで支払う可能性がある始末。

確かにメリットがあるかもしれないけど、Looopでんきの方がおすすめですね。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメント

コメントを残す

*