契約前に知りたいauひかりと四国限定ピカラ光の違いを徹底比較!基本料金やキャンペーンまとめ

2019-04-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりと四国エリア限定(徳島県・高知県・愛媛県・香川県)のピカラ光はどちらもスマホとのセット割でお得になる「auスマートバリュー」対象の光回線です。

どちらも対象なので、auひかりかピカラ光のどちらの光回線にするか迷っている方もいるでしょう。

結論からいうと僕はauひかりをおすすめします。

なぜauひかりをおすすめするのか徹底的に比較してみたので、是非お役に立ててみてください。

auひかりとピカラ光はauスマートバリューが適用できる

auひかりとピカラ光、どちらもauスマートバリューが適用できます。

スマホが安くなるサービスのauスマートバリューは、auスマホ代が2年間で毎月最大2,000円割引きされます。

auスマートバリューの適用条件

auひかり、ピカラ光どちらも光電話(500円/月)の契約が必要になります。

プランごとの割引額

auスマートバリューの割引額や適用条件などを詳しくまとめました。

プラン割引額
auピタットプラン
(1GB~2GB)
翌日から
永年500円/月割引
※データ容量~1GBの月は対象外
auピタットプラン
(2GB~20GB)
翌日から
永年1,000円/月割引
auフラットプラン(20/30)翌日から
永年1,000円/月割引
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
翌月から
永年934円/月割引
データ定額5/20
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラットfor Tab/Tab(i)/Tab(L)
ISフラット(3G スマートフォン)
翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引
データ定額30翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引

家族のスマホも対象になり、例えば家族で使っているスマホが3台以上あれば、3年間で十数万円以上も割引されます。

台数が多いほどお得になるので、auユーザーの方には強くおすすめします。

最大10台まで割引され、50歳以上の家族であれば、住所が別でも割引の対象になります。

つまり、両親や祖父母とは別に暮らしている場合でも、auスマホを使っていれば割引の対象になります。

auスマートバリュー申し込み方法

光回線と光電話の契約があれば自動で適用になるわけではなく、auショップでauスマートバリューの加入手続きをする必要があります。

申し込み方法は以下の通りです。申し込みした翌月以降から割引が適用されます。

申し込みするauスマホの回線数が4回線の場合
⇒PC/スマホ/auショップ/電話から申し込み可能

申し込みするauスマホの回線数が5回線以上の場合
⇒auショップからの申し込みのみ

auのスマホを契約したショップでなくても、近くのショップから申し込みができます。

 

スポンサーリンク

auひかりとピカラ光のメリットと特典比較

●auひかりのメリットと特典
・auスマホとのセット割でお得(auスマートバリュー)
・他社解約時の違約金相当額を還元してくれるサポートがある
・初期費用相当額割引
・10,000円キャッシュバック
・7つのプロバイダから選べる
・5Gbps・10Gbpsの高速サービスがある
・対象エリアが全国幅広い
●ピカラ光のメリットと特典
・auスマホとのセット割でお得(auスマートバリュー)
・長期利用で月額料金が安くなる
・光ねっと(1ギガ)を申し込みすると月額料金が安くなる
・光でんわセットで初期費用が無料になる
・光ねっと(1ギガ)を申し込みすると選べる特典
・開通月の月額基本料金が無料になる

では、auひかりとピカラ光のメリットと特典の詳細を確認しましょう。

auひかりのメリットと特典

他社解約時の違約金相当額を還元してくれる(auひかりスタートサポート)

他社回線から乗り換えた場合、解約金を最大30,000円まで還元してくれるキャンペーンです。

auひかりスタートサポートを適用するにはいくつか条件があり、各プロバイダによって還元額が異なります。

プロバイダ還元額
@nifty、@T COM、au one net、BIGLOBE、So-net最大30,000円
ASAHIネット、DTI最大15,000円

適用条件
・他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信端末から「auひかりホーム(ずっとギガ得プランのネット)+電話サービス(月額500円)+電話のオプションEX(月額690円)」に新規加入

・36ヶ月以上の継続利用が必要
※もし36ヶ月未満に解約すると、ギガ得プランの契約解除料15,000円とは別に10,000円の違約金が発生します。

初期費用相当額割引

auひかりで「ネット」+「電話」を申し込むと、月額利用料から初期費用相当額が割引されます。

ホームタイプ:最大625円×60ヶ月間⇒最大37,500円割引
マンションタイプ:1,250円×24ヶ月間⇒最大30,000円割引

auひかりは初期費用が月々割引されるので、実質工事費が無料になります。

10,000円キャッシュバック

auひかり公式サイトの申し込み窓口からauひかりの「ネット」+「電話」に新規加入すると10,000円のキャッシュバックが受け取れます。

適用条件
・プロバイダはau one netを選ぶことが必須
・受付月を含む4ヶ月以内にauひかりを利用開始していること
・ホームの場合⇒ずっとギガ得プラン(3年契約)のみ適用
・マンションの場合⇒お得プラン(2年契約のマンションタイプG)またはお得プランA(2年契約の「おうちトラブルサポート」)のみ適用

※対象プロバイダはau one netなので、au one net以外のプロバイダを検討している方は注意が必要です。

7つのプロバイダから選べる

auひかりは以下7つのプロバイダの中から、自分の好きなプロバイダを選ぶことができます。

・@nifty
・@TCOM
・AsahiNet
・au one net
・BIGLOBE
・DTI
・So-net

BIGLOBE、So-netなど大手プロバイダと契約することができるので、メリットといえますよね。

5Gbps・10Gbpsの高速サービスがある

auひかりは5Gbps・10Gbpsの高速サービスがあります。

戸建てタイプの一部地域(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)で5ギガプランと10ギガプランの超高速インターネット提供を始めました。

auひかりは最大速度1Gbps(1000Mbps)が限界でしたが、最大5Gbpsと10Gbpsの速度が可能になるというプランです。

5ギガの高速サービスを利用している方の実際の速度の口コミです。

ものすごく速いですね!十分満足な速度が出ています。

現在、auひかりの5ギガプランと10ギガプランに対応しているプロバイダは以下になります。

プロバイダ5ギガ・10ギガ
対応状況
@nifty
@TCOM
AsahiNet×
au one net
BIGLOBE
DTI×
So-net

ピカラ光は以前まで最高速度が250Mbpsでしたが、現在では1Gbps(1,000Mbps)となり、auひかりと同じく速い速度でネットが使えます。

しかし、auひかりでは更に高速な5Gbps・10Gbpsのサービス実施しているので、一部地域のみならず今後も更に展開されるのではないかと期待してしまいますよね。

ちなみに5Gbps以上のサービスを提供しているのは、auひかり、NURO光、コミュファ光などです。

また、auひかりでは、対象プロバイダはau one netのみですが、3年間で合計18,000円割引される超高速スタートプログラムという割引キャンペーンを実施しています。

「ホーム5ギガまたは10ギガ」+「ずっとギガ得プラン(3年契約)」に新規加入すると、初回の高速サービス利用料の課金開始月から3年間500円/月割引されます。

高速サービスを利用するともちろん月額料金は高くなりますが、3年間割引キャンペーンが実施されているので、オンラインゲームなどをよくやる方や、何より速度重視の方にはおすすめです。

対象エリアが全国幅広い

auひかりの対象エリアは全国展開で拡大中です。

しかし、関西エリア(滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県・福井県)と中部エリア(岐阜県・愛知県・静岡県・三重県)の10府県に住んでいる方はauひかりを利用することができません。

例えば、他の光回線のNURO光は関東・関西・東海エリア、eo光は関西エリア、そしてピカラ光は四国エリアでしか契約できません。

auひかりはほぼ全国対応エリアが比較的広いのが魅力です。今後も全国展開に向けて対象エリアが広がっていくのはauひかりのメリットといえます。

ピカラ光のメリットと特典

長期利用で月額料金が安くなる

ピカラ光は長期割引の「ずっトク割」を申し込みすると、ホームタイプの場合は月々最大1,000円割引されます。
ずっトク割には「ずっトク割ステップコース3(3年契約)と「ずっトク割ステップコース5(5年契約)」といったプランがあります。

長く使えば使うほど安くなりますが、最安価になるまでどのくらい利用すればいいのか後ほど詳細を説明します。

光ねっと(1ギガ)に新規加入で月額料金が半年間500円割引される

「よんでんGご愛顧キャンペーン」というキャンペーンで、「光ねっと(1G)」に新規加入すると月額基本料金から500円/月×6ヶ月割引されます。

ピカラ光を提供している会社は「STNet」という会社です。

このSTNetは四国電力の子会社でなので四国電力グループの一員というわけで、よんでん=四国電力を表しています。

つまり、ピカラ光と四国電力を合わせて使うことによって適用されるキャンペーンなのです。

ピカラ光は長期利用することによって他光回線より月額料金を安く抑えることができます。

さらに半年で3,000円割引されるのは嬉しいですよね。

期間
・2019年2月1日(金)~2019年5月31日(金)

申請期間
・2019年2月5日(火)~2019年7月31日(水)

適用条件
・キャンペーン期間中に「光ねっと(1G)」に新規加入
・キャンペーン期間中に四国電力の「お客様番号」などをピカラ光公式サイトから申請

光でんわセットで初期費用が無料になる

「光ねっと」+「光でんわ」の「ピカラ光でんわセット」を申し込みすると、初期費用25,000円が無料になります。

auスマートバリューを適用する場合、光でんわは申し込み必須になるので、初期費用が自動的に無料になります。

光ねっと(1ギガ)を申し込みすると選べる特典

ピカラ光公式サイトから「光ねっと(1ギガ)」を申し込みすると4種類からいずれか1つを選ぶことができます。

・商品券20,000円分
・アマゾンギフト券20,000円分
・デロンギ オーブン&トースターと電気ケトル
・タブレット型パソコン

期間
・2019年2月1日(金)~2019年5月31日(金)

対象エリア
・徳島県:徳島市
・高知県:高知県、南国市および吾川郡いの町の一部
・愛媛県:松山市、伊予郡松前町
・香川県:高松市

※対象エリアは県庁所在地と一部に限られてしまうので、他エリアに住んでいる方は適用外となってしまうので注意してください。

開通月の月額基本料金が無料になる

「光ねっと」を開通すると開通月の月額基本料金が無料になります。

 

スポンサーリンク

 

auひかりとピカラ光のデメリット比較

●auひかりのデメリット
・地デジとBSが視聴できない
・工事費・解約時の撤去工事費が高い
●ピカラ光のデメリット
・解約金が高い
・四国エリア以外では利用できない
・プロバイダが選べない
・開通まで時間がかかる

では、auひかりとピカラ光のデメリットの詳細を確認しましょう。

auひかりのデメリット

地デジとBSが視聴できない

auひかりのテレビサービスは地デジとBSを見ることができません。

すでに地デジアンテナを設置している方や、テレビはあまり見ないという方には関係ないかもしれません。

しかし、光テレビで地デジやBSが見たいという方にはデメリットといえます。

●auひかりではどんなチャンネル番組が見れるか
auひかりテレビを利用したい場合は、初回登録料800円+機器(セットトップボックス)のレンタル料500円/月+各チャンネルの料金/月が必要になります。

・プラチナセレクトパック全42ch(1,980/月)
・プレミアムチャンネル全8ch(自分の好きなチャンネルだけ選べることができるので選択する番組によって料金が異なる)

auひかり「ネット」+「テレビ(プラチナセレクトパック)」を同時に新規申し込みした場合
月額1,980円⇒最大2ヶ月間0円になるキャンペーンを実施しています。

プラチナセレクトパックは、映画・アニメ・音楽・スポーツ・ドラマ・バラエティなど、ムービーチャンネルや日本映画専門チャンネル、アニマックスやキッズステーションが見放題なので、エンタメ好き、テレビ好きの方にはおすすめできます。

また、録画したい場合には外付けのHDD(別売り)が必要になります。この外付けHDD接続によりダブル録画も可能です。

工事費と解約時の撤去工事費が高い

 戸建てマンション
工事費37,500円
(625円×60ヶ月)
30,000円
(1,250円×24ヶ月)
撤去工事費28,800円-

ホームタイプは工事費が60回の分割払いになってしまうこともデメリットといえます。

auひかりは初期費用相当額割引キャンペーンがあり、工事費の支払い相当額が毎月割引され、工事費が実質無料になります。5年(60回)経たないと工事費が払い終わらないので、もし5年以内に解約すると残りの工事費の残債を一括で支払うことになります。

マンションタイプは24回払いなので他の光回線と比較すると平均的な回数です。

また、解約すると光テーブルの撤去工事費28,800円が必須になります。

2018年3月1日以降にauひかりを契約した方は、解約時に撤去工事費がいかなるときも発生します。

2018年2月28日以前には、撤去費用は10,000円で工事は任意だったので、それ以前に解約する場合は10,000円、工事は任意になります。

マンションの場合は、マンションタイプや住んでいるマンションなどによって撤去工事費がかかる場合とかからない場合があるので、以下の電話窓口での確認が必要になります。

【auひかりご契約・料金・請求の電話窓口】
0077-7078(無料)
[年中無休 9:00~20:00]

ピカラ光のデメリット

解約金が高い

利用期間15ヶ月以内:35,000円(税込37,800円)
利用期間16ヶ月以上24ヶ月以内:10,000円(税込10,800円)

ピカラ光は解約金が非常に高いです。

実際どのくらい高額なのか各光回線と比べてみました。

 戸建住宅集合住宅
ドコモ光13,500円8,000円
ソフトバンク光9,500円9,500円
auひかり9,500円
(2年更新プラン)
15,000円
(3年更新プラン)
ぷらら光9,000円9,000円
BIGLOBE光9,500円9,500円
So-net光7,500円7,500円
ビック光5,000円5,000円
U-NEXT光10,000円10,000円
OCN光11,000円11,000円
ONLY光14,500円14,500円
iSmart光15,000円15,000円
NURO光9,500円9,500円
コミュファ光27,000円27,000円
ピカラ光35,000円
(15ヶ月以内)
10,000円
(24ヶ月以内)
35,000円
(15ヶ月以内)
10,000円
(24ヶ月以内)

15ヶ月以内に解約してしまうと、税込み37,800円とかなり高額の違約金を払わなければなりません。

後ほど月額料金の比較を説明しますが、最安価になるまで時間もかかります。

転勤が多い人や回線を2年程度で変えたい人にはおすすめできません。

四国エリア以外では利用できない

ピカラ光は四国エリア限定の地方回線なので、徳島県・高知県・愛媛県・香川県以外では申し込みすることができません。

一部地域では利用できない場合があるので、こちらから提供エリアを確認してみてください。

詳細エリアはサービス提供エリアチェックから自分の住んでいる郵便番号を入力することで簡単に確認することができます。

または下記電話窓口から問い合わせすることができます。

【ピカラサービスセンター】
0800-100-3950(無料) ※携帯/PHSからも利用可能
[平日9:00~21:00][休祝日9:00~19:00]

プロバイダが選べない

STNetは回線事業者でありプロバイダでもあるため、ピカラ光はプロバイダを選ぶことができません。

auひかりは7つの中から好きなプロバイダを選べますが、ピカラ光は選べないので、プロバイダにこだわりを持っている方にはデメリットといえます。

開通までに時間がかかる

公式サイトでは、建物構造や立地条件によってスケジュールは異なりますが、申し込みから開通まで2~3週間を目標に開通と記されてます。

マンションではオーナー、管理組合との交渉が必要なので、更に時間がかかるそうです。

実際は2ヶ月経ってもまだ開通しないという口コミや、電話で何回か催促しないと開通してくれないとの声が多かったです。

すぐにネットを使いたい!という方にはおすすめしません。

どうしてもピカラ光と契約したいとい方は、ネットを利用する最低2ヶ月前に申し込むことをおすすめします。

auひかりとピカラ光の基本料金比較

月額料金

ホームタイプ「ネット」のみ

契約期間auひかりピカラ光
割引なし
(2年契約)
5,200円5,200円
3年契約1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
4,600円
5年契約-1~2年目:4,500円
3~5年目:4,400円

ホームタイプ「ネット」+「電話」

 auひかり ピカラ光
割引なし
(2年契約)
5,700円5,700円
3年契約1年目:5,600円
2年目:5,500円
3年目:5,400円
5,100円
5年契約-1~2年目:5,000円
3~5年目:4,900円

上の表はホームタイプ1ギガの「ネット」のみ、下の表はホームタイプ1ギガの「ネット」+「電話」のauひかりとピカラ光の月額料金を比較をしてみました。

光電話はauひかりもピカラ光も+500円/月です。

「ネット」のみ3年契約した場合auひかりの合計金額は180,000円、ピカラ光は165,600円
「ネット」+「電話」を3年契約した場合のauひかりの合計金額は198,000円、ピカラ光は183,600円

実際どのくらい安いのかというと、いずれのどちらもピカラ光の方が14,400円お得だということが分かりました。

ピカラ光は長期契約することによって、光回線の中でも比較的安く利用することができます。

しかし、ホームタイプの場合最安価になるまで10年近くかかります。(※下記詳細を参考)

料金自体は安くなっても、これだけ長い年月がかかってしまいますが、四国住みで絶対に長期継続する方には向いているでしょう。

では、各光回線ホームの月額料金詳細を確認しましょう。

●auひかりホームタイプ
2年契約「ギガ得プラン」は、1年目~2年目:5,200円で割引はありません。

3年契約「ずっとギガ得プラン」は、1年ごとに100円ずつ割引されます。

契約期間なし「標準プラン」は6,300円です。違約金が0円ですがその分月額料金は高いです。

3年契約した場合の各プランの合計金額を比較してみましょう。

3年契約のずっとギガ得プランの場合
1年目:61,200円(5,100×12=61,200)+2年目:60,000円(5,000×12=60,000)+3年目:58,800円(5,000×12=58,000)
=180,000円

2年契約のギガ得プランの場合
1年目:62,400円(5,200円×12=62,400)+2年目:62,400円(5,200円×12=62,400)+3年目:62,400円(5,200円×12=62,400)
=187,200円

契約なしの標準プランの場合
1年目:75,600円(6,300円×12=75,600)+2年目:75,600円(6,300円×12=75,600)+3年目:75,600円(6,300円×12=75,600)
=226,800円

ずっとギガ得プランと標準プランを比べた場合、46,800円もお得になることが分かりました。

もし3年以内で解約した場合、3年契約プランの違約金は15,000円です。

よって、この点に注意しておけば、46,800円お得になる3年契約のずっとギガ得プランを選んだ方が断然お得です。

●ピカラ光ホームタイプ
3年契約「ずっトク割ステップコース3」
1~3年目:4,600円、4~6年目:4,500円、7~9年目:4,400円、10年目以降:4,200円で利用することができます。

5年契約「ずっトク割ステップコース5」
1~2年目:4,500円、3~5年目:4,400円、6~8年目:4,300円、9年目以降:4,200円で利用することができます。

つまり、月額基本料金が5,200円なので1,000円割引になるまでは、3年契約の場合は10年かかり、5年契約の場合だと9年かかります。

8年目まで100円差しかないので、3年契約のずっトク割ステップコース3がおすすめです。

マンションタイプ

契約期間auひかりピカラ光
割引なし
(2年契約)
3,400円~4,100円
※各マンションタイプによって
金額が異なる
4,000円
3年契約-3,400円

続いて、auひかりとピカラ光のマンションタイプの月額料金を比較してみました。

auひかりは住む地域によって月額料金が変わるので、厳密には比較することができません。

ピカラ光は6年目以降で3,280円で利用することができます。

●auひかりマンションタイプ
auひかりのマンションタイプは以下の7タイプで、住んでいる地域や建物の配線方式によって、適用プランが異なります。

・タイプG
・タイプV
・都市機構
・タイプE
・タイプF
・ギガ
・ミニギガ

自分で選べることはできないので、auひかり公式サイトにて利用できる提供エリアを確認する必要があります。

自分が住んでいるマンションはどのプランが適用できるか事前に確認したい方はこちらから調べることができます。

●ピカラ光マンションタイプ
ピカラ光は、3年契約「ずっトク割ステップコース3」の場合
1~5年目:3,400円、6年目以降:3,280円で利用することができます。

つまり、月額基本料金が4,000円なので、1~5年目は毎月600円割引、6年目以降は月々720円割引されます。

工事費

 auひかりピカラ光
ホームタイプ37,500円
(625円×60ヶ月)
25,000円
(一括払い)
マンションタイプ30,000円
(1,250円×24ヶ月)
25,000円
(一括払い)

auひかりとピカラ光の工事費を比較してみました。

auひかりの工事費は分割払いですが、支払いが終わる前に解約してしまうと、工事費の残債を一括で支払わなければなりません。

解約金(違約金)と撤去工事費

解約金(違約金)

 auひかり ピカラ光
ホームタイプ9,500円(2年更新プラン)
15,000円(3年更新プラン)
0円(標準プラン)
35,000円(15ヶ月以内)
10,000円(24ヶ月以内)
マンションタイプ0円(標準プラン)
7,000円(2年プラン)
35,000円(15ヶ月以内)
10,000円(24ヶ月以内)

デメリットにも挙げましたが、ピカラ光は光回線の中でも解約金が非常に高いです。

長期利用すると月額料金が安くなりますが、15ヶ月以内に解約してしまうと税込み37,800円の解約金を支払わなければならないことを忘れないようにしましょう。

撤去工事費

auひかりピカラ光
28,800円10,000円

auひかりとピカラ光の工事費の差は18,800円です。

auひかりのホームタイプは解約すると必ず撤去工事をしなければなりません。

auひかりのマンションタイプは利用環境とマンションタイプによって費用がかかる場合とかからない場合があります。

ピカラ光は状況や撤去方法により費用が異なります。

詳しい手続きはピカラサービスセンターに問い合わせてください。

【ピカラサービスセンター】
0800-100-3950(無料) ※携帯/PHSからも利用可能
[平日9:00~21:00][休祝日9:00~19:00]

【Email】info@pikara.jp

auひかりとピカラ光の口コミと評判

auひかりの口コミと評判

auひかりに変えたらすごい!

遅いという口コミも

auひかりは独自の回線なので速度には期待できますが、利用環境によって変わるので、評価は真っ二つに分かれます。

速度に定評があるプロバイダはBIGLOBE

auひかりは7つのプロバイダから自分の好きなプロバイダを選ぶことができます。

口コミではauひかりとプロバイダBIGLOBEを選んで、実際に通信速度をチェックした結果を載せていますね。

上り677Mbps・下り702Mbpsとかなり速いです。

BIGLOBEは通信速度が速く、大手のプロバイダですし文句のつけどころがありません。

通信障害の口コミ

コールセンターの対応は良くても、30分経っても繋がらないという口コミも見つかりました。

ピカラ光の口コミと評判

ごっつい速い

速度対策をしてほしい声も

勧誘がしつこい

ピカラ光に限った話ではないですが、しつこすぎる勧誘の口コミが目立ちました。

ピカラ光ではこのような悪質な勧誘業者について徹底的に調査を行っているので、勧誘業者の会社名、担当者名、発信元の電話番号などの情報を寄せてメールまたは電話をして停止の措置をしてもらいましょう。

【ピカラサービスセンター】
0800-100-3950(無料) ※携帯/PHSからも利用可能
[平日9:00~21:00][休祝日9:00~19:00]

【Email】info@pikara.jp

auひかりとピカラ光のキャッシュバック額比較

 公式サイトネット代理店
auひかり 10,000円
最大50,000円
(最短1ヶ月)
ピカラ光20,000円(商品券)
最大25,000円
(最短開通月の2ヶ月後)

どの光回線にしたらお得なのか迷っているなら、光回線のキャッシュバック額に目をつけることが重要です。

比較してみるとauひかりネット代理店のキャッシュバック額が一番高額ですね。

それでは各光回線の公式サイトのキャッシュバック額とネット代理店のキャッシュバック額詳細を確認しましょう。

auひかり

【auひかり公式】10,000円キャッシュバック
申込期間 期限なし

適用条件
・auひかり公式サイトの申し込み窓口からauひかりの「ネット」+「電話」に新規加入する
・対象プラン
 ホームの場合⇒ずっとギガ得プラン(3年契約)
 マンションの場合⇒お得プラン(2年契約のマンションタイプG)
         ⇒お得プランA(2年契約の「おうちトラブルサポート」)を利用する方のみ適用
・対象プロバイダ au one netのみ適用
・受付月を含む4ヶ月以内にauひかりを利用開始していること

※対象プロバイダがau one netのみのキャンペーンなので、au one net以外のプロバイダを検討している方は注意が必要です。

【ネット代理店】最大50,000円キャッシュバック
KDDI正規代理店 株式会社NNコミュニケーションズが実施しているキャッシュバックキャンペーンです。

Aコース⇒「高額キャッシュバック」
Bコース⇒「キャッシュバック」+「Buffalo製次世代高速Wi-Fiルータ(WHR-1166DHP4)」付き

上記2つのコースから好きな方を選べます。

適用条件
・auひかりのネット代理店であるNNコミュニケーションズを通してauひかりに申し込む
・対象プロバイダ BIGLOBE/So-net/@niftyから選択
・利用開始から12ヶ月間継続利用すること

●Aコース:高額キャッシュバック
⇒プロバイダにBIGLOBEを選択した場合のキャッシュバック額
・ホームタイプ
「ネット」+「電話」⇒30,000円
「ネット」のみ⇒23,000円

・マンションタイプ
「ネット」+「電話」⇒25,000円
「ネット」のみ⇒18,000円

⇒プロバイダにSo-net、@nifty、その他を選択した場合のキャッシュバック額
・ホームタイプ
「ネット」+「電話」⇒25,000円
「ネット」のみ⇒18,000円

・マンションタイプ
「ネット」+「電話」⇒25,000円
「ネット」のみ⇒18,000円

●Bコース:キャッシュバック+次世代高速Wi-Fiルータ付き
⇒プロバイダにBIGLOBEを選択した場合のキャッシュバック額
・ホームタイプ
「ネット」+「電話」⇒25,000円
「ネット」のみ⇒18,000円

・マンションタイプ
「ネット」+「電話」⇒20,000円
「ネット」のみ⇒13,000円

⇒プロバイダにSo-net、@nifty、その他を選択した場合のキャッシュバック額
・ホームタイプ
「ネット」+「電話」⇒20,000円
「ネット」のみ⇒13,000円

・マンションタイプ
「ネット」+「電話」⇒20,000円
「ネット」のみ⇒13,000円

ピカラ光

【ピカラ光公式】20,000円(商品券)

申込期間
・2018年2月1日(金)~2019年5月31日(金)

適用条件
・申し込み期間中にピカラ光の公式ホームページ申込窓口から「光ねっと」に新規加入する

※対象エリアは以下のピカラ光サービスエリアに住んでいる方のみ適用されます。
・徳島県:徳島市
・高知県:高知市、南国市および吾川郡いの町の一部
・愛媛県:松山市、伊予郡松前町
・香川県:高松市

【ネット代理店】25,000円キャッシュバック
ピカラ光サービス正規代理店 株式会社NEXT(ネクスト)が実施しているキャッシュバックキャンペーンです。

申込期間
・2019年02月01日(金) ~ 2019年02月28日(木)

適用条件
・申し込み期間中にピカラ光のネット代理店である株式会社NEXTを通してピカラ光に申し込む
・申し込みから6ヶ月以内に開通すること
・12ヶ月間以上の継続利用することを約束する

もっともお得な申し込み窓口はauひかりのネット代理店

キャッシュバック額の比較表+詳細から分かるように、auひかり正規代理店の「NNコミュニケーション」の窓口を通しての申し込みが一番お得です。

しかも、受け取り期間は開通してから最短1ヶ月後なので、他の窓口より一番はやく高額キャッシュバックを受け取ることができます。

余計なオプション加入は一切必要ありませんし、申し込み方法は電話で口座を伝えるだけです。

指定口座に現金が振り込まれるので、手続き方法も受け取り方法もシンプルで分かりやすいですよね。

Webで申し込んだ場合でも、折り返し電話を指定する入力フォームがあるので、必ず折り返し電話がもらえます。

これならキャッシュバックの受け取り忘れの心配がないので安心です。

下記の代理店申し込み窓口は、KDDIより7期連続で表彰された実績および開通率に寄与されたとして最も優れたおすすめの代理店です。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

キャッシュバックは受け取りやすさが重要です。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

4月は申し込み・工事の手続きが混み合うシーズンです!

工事日は早い者勝ちなので、早めの申し込みをおすすめします!
▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

まとめ

auひかりに向いている人
高額キャッシュバック重視の人
大手のプロバイダと契約したい人
通信速度重視の人

ピカラ光に向いている人
月額料金の安さを重視する人
四国で長期利用を見込んでいる人
地元企業を応援したい人

ピカラ光の特典も魅力的ですが、各県庁所在地に住んでいる方と一部でしか特典は適用されないので、サービス対象エリアは非常に限られてしまいます。

四国で長期利用を見込める人にはピカラ光をおすすめしますが、それ以外の人にはおすすめできません。

実際に契約して使ってみたら、思ったより速度が遅くて満足できない結果だったとならないために総合的に比較すると、auひかりの方が安心してインターネットを速く快適に利用することができます。

auひかりネット代理店なら、料金面も最終的にカバーできるほどの高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているので是非検討してみてください。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu