auひかりマンションの評判や実体験から分かった!料金・速度・注意点まとめ

2019-06-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりのマンションタイプには現在7つのタイプがあります。

アパートやマンションに住んでいる方にとって、自分がどの料金プランや速度でauひかりを利用できるのかは非常に気になるところです。

僕はauひかりのマンションタイプを10年間利用してきたので、どこのサイトよりも正確な情報と役に立つ知識を紹介することができます!

是非、皆さんのインターネット選びの参考にしてください。

auひかりのマンションの基本情報

サービスの提供エリア

どの光回線でもマンションタイプと戸建てタイプの2つがあります。

一般的に、集合住宅に住んでいる場合はマンションタイプになり、一軒家に住んでいる方は戸建てタイプになります。

しかし、auひかりの場合はマンションタイプと戸建てタイプの提供エリアがそれぞれ異なるので注意が必要です。

auひかりマンションタイプの提供エリア

まず、アパートやマンションに住んでいる方は自宅の建物がauひかりに対応しているかどうかの確認が必要です。

沖縄に住んでいる方は戸建てタイプでもマンションタイプでもauひかりを利用することができません。

また、建物によってはそもそもインターネット回線が通っていない場合やauひかりに対応していない場合があります。

住んでいる建物がauひかりに対応しているかどうか一番簡単に知る方法は、auひかり公式サイトで検索する方法です。

auの店舗で聞いた話によると、残念ながら全国の8割ほどのマンションはauひかりに対応していないみたいです。

ただし、自宅のアパートやマンションがauひかりに対応していない場合は戸建てタイプで契約できる可能性があります。

利用料金

マンションタイプと戸建てタイプでかかる費用を簡単に比較しました。

 マンション戸建て
月額料金3,800円5,200円
新規登録料3,000円3,000円
初期費用30,000円
(1,250円×24ヶ月)
37,500円
(625円×60ヶ月)
契約解除料7,000円9,500円
撤去工事費不要28,800円

マンションタイプはタイプV16のお得プランA、戸建てタイプはギガ得プランの月額料金です。

他の光回線と比較しても一般的な料金ですね。

速度は1Gbps

auひかり戸建てタイプの最大速度は1Gbpsで、他の光回線と同じです。

一方、マンションタイプの場合は建物の配線方式と契約数によって異なります。

僕が契約しているマンションタイプV16は、最大速度が100Mbps(0.1Gbps)なので戸建てタイプの1/10の速度です。

マンションタイプの速度が遅い理由は、建物内でauひかり利用者の全員と一つの回線を共通しているからだといわれています。

僕は1年以上このマンションタイプV16を利用しているのですが、確かに回線が混雑する夜中になると通信が遅くなるように感じられます。

マンションの料金プランと回線速度は、住んでいる建物によって決まってしまうので選択することができません。

また、auひかりの戸建てタイプの場合は都心限定ですが5Gプランと10Gプランを選ぶことができます。

しかし、マンションタイプの場合は5G、10Gプランを実施していません。

なので、速度を重視して光回線を選びたい方はマンションの速度を確認したうえで他社と比較しましょう。

auひかりマンションタイプの料金と速度

auひかりマンションの料金と速度を以下の表にまとめました。

タイプ月額料金下り最大速度[上り]
タイプⅤ[16契約以上]3,800円100Mbps
[35Mbps]
(一部、下り最大70Mbps、上り30Mbps)
タイプⅤ[8契約以上]4,100円
都市機構デラックス3,800円
マンションギガ4,050円1Gbps
マンションミニ5,000円
タイプE3,400円100Mbps
タイプF3,900円
タイプG[16契約以上]4,300円664Mbps
[116Mbps]
タイプG[8契約以上]4,600円

auひかりのマンションタイプは、マンションのオーナーとauひかりの契約で決められているので、どのタイプにするか選ぶことができず、住んでいる建物で決まってしまいます。

インターネット回線の最大速度は理論上の最大値になるので、実際にそこまでの速度は出ません。

僕は現在タイプV16のアパートに住んでいるので、一番上のマンションタイプです。

このマンションタイプはVDSL方式という配線方式を採用しているタイプで、速度が遅いと良く言われるので体験談も交えて後ほど詳しく説明します。

auひかりマンションおすすめ申し込み窓口

auひかりの申し込み窓口はいくつもありますが、どの窓口にすれば良いか悩むところです。

auひかりのマンションタイプに一番お得に申し込むことができる窓口を紹介します!

僕がお勧めする理由は以下の5つです。

●マンションタイプで最大45,000円のキャッシュバックが貰える
●さらに他社の解約違約金を最大45,000円まで負担してくれる
●初期費用相当額割引きで工事費が実質無料!
●キャッシュバックが最短1ヶ月で受け取り可能
人気プロバイダ3社から選べる

また、KDDIから7期連続で優良代理店として表彰されているKDDI代理店なので、安心と信頼があります。

実際に僕もこちらから申し込みをしましたが、サポート体制がしっかりしていてオペレータの対応も良く本当にお勧めできる窓口です。

auひかり人気No.1の申込み窓口

▶下記auひかり代理店が選ばれている理由
・最短1ヶ月後に50,000円キャッシュバック!
・キャッシュバック手続きが電話1本で完了!
・24時間いつでも申込み可能!
・KDDIから5年連続表彰されている優良代理店!

無条件でここまでキャッシュバックが手に入る窓口は他にありません!

今月限定で乗り換え時にかかった違約金のキャッシュバックが30,000円⇒55,000円に増額中!

さらに、最新のWi-Fiルーター(1万円相当)が無料で貰えてお得!

※ただし工事日は早い者勝ちなので、お早めにお申し込みください。


\2019年1番選ばれている申込窓口/
auひかり優良代理店に申込む

auひかりが契約できない人におすすめ光回線

auひかりのマンションタイプに不満がある方や住んでいるマンションがauひかりに対応していない方もいるでしょう。

そのような方たちに、auスマートバリューが適用されるおすすめの光回線を紹介します。

So-net光が一番おすすめ!


So-net光はauひかりよりも月額料金が安く、大手プロバイダのSo-netが利用できるので非常におすすめです。

So-net光がおすすめの理由5つ
auスマホとセットで月額料金が割引きされる
・大幅割引キャンペーンで月額料金が安い
・So-net光の電話オプションが12ヶ月間無料
v6プラス対応ルーターが12ヶ月間無料
・So-netのセキュリティ対策ソフトが無料

料金面でも速度面でも満足されている方が多いので、急激にユーザーを増やし人気を博している光回線です。

So-net光は全国的に展開している光回線なので、auひかりのようにエリアの確認は必要ありません。

So-net光の月額料金

So-net光マンションタイプの月額料金を以下にまとめました。

 1~36ヶ月37~48ヶ月48ヶ月~
月額料金2,980円4,480円4,480円
ー内訳ー
基本料金4,480円
回線工事費500円なし
割引キャンペーン-2,000円-500円なし

So-net光は3年契約のプランのみです。

月額料金が3年間2,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンに加えて、auスマートバリューが適用されるのでさらに料金は安いです。

また、回線工事費は24,000円で48ヶ月払いになりますが、割引キャンペーンで実質無料になります。

3年間の月額料金であれば、どのauひかりのマンションタイプと比較してもSo-netの方が安いですよ。

電話オプションが1年間無料

So-net光では、電話オプションが12ヶ月無料になるキャンペーンを実施しています。

固定電話は特に必要ないという方もいると思いますが、auスマートバリューを適用するには電話オプションへの加入が必須です。

auひかりでもauスマートバリューを適用するために電話オプションの加入が必須ですが月額500円かかります。

So-net光も通常であれば月額500円かかりますが、12ヶ月間無料になるのでかなりお得ですね。

v6プラス対応ルーターが12ヶ月間無料

v6プラス対応ルーターとは、IPv6接続に対応した無線LANルーターのことです。

Ipv6接続は、次世代型のインターネットプロトコルとして現在注目されています。

他の無線LANルーターとは速度面で大きな差があり、安定したインターネット接続が可能です。

このv6プラス対応ルーターが12ヶ月無料になるので、その速度を体感してみてはどうでしょうか。

セキュリティ対策ソフトが無料

So-net光のプロバイダは当然ながらSo-netになるので、セキュリティ面も充実しています。

人気のウイルス対策ソフトである「カスペルスキー」を無料で利用することが可能です。

カスペルスキーは、ウイルスバスターやノートンと同じように有名なセキュリティソフトの一つで、通常であれば月額500円かかります。

現代のインターネット環境において、セキュリティ管理の重要性は言わずもがなですよね。

安心してインターネットを使うためにも、So-net光のセキュリティ面のメリットを活用するのも良いかもしれません。

auひかりマンションタイプのプロバイダ

auひかりのマンションタイプではプロバイダを4社から選ぶことができます。

戸建てタイプでは7社から選ぶことができましたが、その中でも人気の大手プロバイダが選択可能です。

選べるプロバイダ
@nifty、au one net、BIGLOBE、So-net

2年契約のお得プランAではなく、標準プランであればその他プロバイダも選べます。

4社プロバイダのそれぞれの特徴を以下にまとめました。

auひかり×@nifty

@niftyは人気の大手プロバイダです。

@niftyの公式サイトから申し込みで、月額料金が2年間2,260円割引きされるキャンペーンを実施しています。

残念ながらキャッシュバックキャンペーンは実施されていませんでした。

au one net

au one netはauひかり独自のプロバイダです。

キャッシュバックキャンペーンとして1万円のキャッシュバックと初期費用相当額の割引きが実施されます。

他社と比べると全くお得なキャンペーンを実施していませんが、auショップや公式サイトでお勧めされているので人気が高いです。

お得に申し込みたい方であれば他のプロバイダを選ぶことをお勧めします。

auひかり×BIGLOBE

BIGLOBEでは、キャッシュバックキャンペーンと割引キャンペーンのどちらかを選ぶことができます。

キャッシュバックキャンペーンの内容は以下の通りです。

・5万円のキャッシュバック
・他社違約金を3万円までBIGLOBEが負担
・他社違約金を3万円までKDDIが負担
・初期費用相当額が割引きされる

つまり、乗り換え時の他社違約金がなくても最低5万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

ただし、マンションV(16)タイプ、もしくは都市機構デラックスのお得プランA(2年契約)の場合です。

かなりお得なキャッシュバックキャンペーンになります。

auひかり×So-net

So-netはauユーザーの6割が利用しているという人気のプロバイダです。

キャッシュバックキャンペーンとして、戸建てであれば5万円のキャッシュバックが貰えますが、マンションタイプでは3万円のキャッシュバックになります。

また、月額料金が大幅に安くなる割引キャンペーンを選ぶことが可能です。

キャッシュバックキャンペーンの詳細は以下になります。

・3万円のキャッシュバック
・初期費用相当額が割引きされる
・他社違約金をKDDIが負担してくれる

BIGLOBEと比較すると見劣りしてしまいますが、お得なキャッシュバックを実施していますね。

auひかりはプロバイダの変更ができない

auひかりを申し込む際にプロバイダを選択しなければなりません。

現在使っているプロバイダを継続する方が多いですが、実際は新規で申し込みした方がお得になることもあるので見極めが必要です。

また、auひかりのプロバイダは途中で変更することができないので注意しましょう。

ドコモ光はプロバイダを26社から選ぶことができる光回線ですが、途中でプロバイダを変更することができます。

auひかりの場合は、一度auひかりを解約してから再度契約しなければプロバイダを変えることはできません。

なので、最初のプロバイダ決めが非常に重要になります。

おすすめのプロバイダはBIGLOBE

プロバイダを選ぶ基準は、申し込み時のキャッシュバックキャンペーンです。

auひかりマンションタイプで選べるプロバイダ4社の中で、BIGLOBEが一番キャッシュバックが高額です。

キャッシュバックの受け取り時期が遅い点がマイナスポイントになりますが、裏技を使えば問題ありません。

その裏技とは、安心できる代理店を仲介して申し込むことです。

僕がお勧めする代理店であれば、BIGLOBEだけでなくSo-net、@niftyのキャッシュバックも受け取ることができますよ。

auひかりマンションタイプの口コミ・評判

auひかりのマンションタイプについての口コミや評判をまとめました。

悪い評判から良い評判まで幅広くあったので全て公開します!

マンションがauひかりに対応してない!


やはりauひかりに対応しているアパートやマンションは少ないようです。

もし住んでいる建物がauひかりに対応していなかった場合、auスマホとセットでお得なauスマートバリューが適用される光回線をお勧めします。

また、マンションタイプでもインターネット速度を重視してい方は、NURO光がお勧めですよ。

auひかりの勧誘が多すぎる


auひかりではなくNURO光でしたが、僕も勧誘や営業をかけられたことがあります。

話を聞くだけといっても時間がかかるし断りにくいしで面倒ですよね。

基本的に、KDDIが自ら訪問や電話で営業をかけることはないので代理店の販売員ということになります。

悪質なケースだと、「マンションの管理会社の者です」や「インターネット回線業者の者です。」と嘘をついて家の中に入って営業する場合もあるので注意しましょう。

しかしKDDIやauひかりのサービスが悪いのではなく、あくまで代理業者が勝手にやっているだけなので気にする必要はないです。

本当にしつこくて困っている方は消費生活センターに相談しましょう。

auひかりは速度が優秀


auひかりマンションタイプの速度に満足されている方の声が多かったです。

上の口コミだと、僕と同じVDSL方式のマンションタイプなのに100Mbps近くも速度が出ていますね。

マンションタイプは同じでも、アパートやマンションによって速度に大きく差が出るようです。

しかし僕も速度に困ったことがないので、実際はインターネットの速度よりも通信の安定感の方が大事かもしれません。

通信障害が起きてしまうと全くWi-Fiが使えなくなってしまうので、その点ではauひかりは安定している方でしょう。

まとめ

これまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

冒頭でも説明しましたが、auひかりのマンションタイプは料金プランや速度を自分で決めることができないので自分で判断する必要があります。

他社インターネット回線と比較するために他の記事も参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu