auひかりマンションの評判や実体験から分かった!料金・速度・注意点まとめ|ヒカリCOM

公開日:2019/01/28 更新日:2019/02/01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりのマンションタイプには現在7つのタイプがあります。

アパートやマンションに住んでいる方にとって、自分がどの料金プランや速度でauひかりを利用できるのかは非常に気になるところです。

僕はauひかりのマンションタイプを10年間利用してきたので、どこのサイトよりも正確な情報と役に立つ知識を紹介することができます!

是非、皆さんのインターネット選びの参考にしてください。

auひかりのマンション・アパート・戸建ての違いを比較

皆さんが住んでいる建物や環境によって、auひかりの料金タイプなどが異なります。

マンションやアパート、戸建て、それぞれの違いを比較しました。

サービスの提供エリアが異なる

どの光回線でもマンションタイプと戸建てタイプの2つがあります。

一般的に、集合住宅に住んでいる場合はマンションタイプになり、一軒家に住んでいる方は戸建てタイプになります。

しかし、auひかりの場合はマンションタイプと戸建てタイプの提供エリアがそれぞれ異なるので注意が必要です。

auひかりマンションタイプの提供エリア

まず、アパートやマンションに住んでいる方は自宅の建物がauひかりに対応しているかどうかの確認が必要です。

沖縄に住んでいる方は戸建てタイプでもマンションタイプでもauひかりを利用することができません。

また、建物によってはそもそもインターネット回線が通っていない場合やauひかりに対応していない場合があります。

auひかりに対応していないアパートやマンションは各エリアで分かれているのではなく、マンションのオーナーがauひかりとどのような契約で工事を行っているかで決まります。

住んでいる建物がauひかりに対応しているかどうか一番簡単に知る方法は、auひかり公式サイトで検索する方法です。

自宅の住所を入力するだけで検索できるので試してみてください。(auひかり公式サイトはこちら)

もし自宅の住所を検索して建物の名前が出てこなかった場合は、auひかりに対応していない建物ということになります。

auの店舗で聞いた話によると、残念ながら全国の8割ほどのマンションはauひかりに対応していないみたいです。

ただし、自宅のアパートやマンションがauひかりに対応していない場合は戸建てタイプで契約できる可能性があります。

基本的に、戸建てタイプの場合は工事で光ファイバーを部屋まで引っ張ってくる必要があるので、住んでいるアパートやマンションが電柱よりも低い3階建て以下の場合に可能です。

auひかりに対応しているアパートに住んでいる場合は、戸建てタイプでの契約ができないので必ずマンションタイプでの契約になります。

しかし、実際には工事担当者が建物と電柱との距離や建物の高さなどを考慮して、戸建てタイプの工事ができるか決めるみたいなので期待しない方が良いかもしれません。

auひかりがエリア外の方は、後ほどauひかり以外のauスマートバリューが適用される光回線を紹介するので必見です!

auひかり戸建てタイプの提供エリア

auひかりの戸建てタイプは、住んでいる地域によっては利用できない場合があります。

提供エリア外の地域は以下の通りです。

<東海エリア>
岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県
<関西エリア>
滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県
<その他>
沖縄

上記のエリアに住んでいる方は、auひかりを利用することができません。

東海・関西・沖縄にauひかりがサービスを展開していない理由は、au系列の地方回線がエリア限定で参入しているからです。

東海エリア⇒コミュファ光
関西エリア⇒eo光
沖縄⇒auひかりちゅら

これらの地方回線との競争を避けるために、auひかりのサービスが提供されていないということです。

au系列の光回線であれば、auスマートバリューが適用されるのでそちらもお勧めですよ。

マンションタイプは戸建てタイプよりも料金や費用が安い

マンションタイプと戸建てタイプでかかる費用を簡単に比較しました。

 マンション戸建て
月額料金3,800円5,200円
新規登録料3,000円3,000円
初期費用30,000円
(1,250円×24ヶ月)
37,500円
(625円×60ヶ月)
契約解除料7,000円9,500円
撤去工事費不要28,800円

※マンションタイプはタイプV16のお得プランA、戸建てタイプはギガ得プランの月額料金です。

マンションタイプは2年契約、戸建てタイプは2年と3年の契約プランを選ぶことができます。

どちらも契約期間がない標準プランはありますが、料金が高くなってしまうのでお勧めしません。

戸建てタイプよりもマンションタイプで払う費用の方がかなり安いですね。

初期費用の工事費も、戸建ての場合は工事費の未払い分が残る可能性が高いですが、マンションの場合は2年後の更新期間で解約すれば違約金も工事費の残額も発生しません。

auひかりは初期費用相当額が割引きされるので、2年の利用で実質無料になります。

また、戸建ての場合は解約後に配線撤去作業が必要なので撤去工事費がかかりますが、マンションタイプは配線が建物共通なので撤去の必要がなく撤去工事費が不要です。

他にも、auひかりの戸建てタイプでは地デジを観ることができませんが、マンションタイプでは建物自体にアンテナが設置されていれば地デジを観ることができます。

テレビサービスのオプション料金やアンテナ設置の工事費用が節約できるのでお得ですね。

インターネットを安く利用したいという方には、auひかりのマンションタイプはかなりお勧めできます。

マンションタイプは戸建てタイプより速度が遅い

auひかり戸建てタイプの最大速度は1Gbpsです。

一方、マンションタイプの場合は建物の配線方式と契約数によって異なります。

僕が契約しているマンションタイプV16は、最大速度が100Mbps(0.1Gbps)なので戸建てタイプの1/10の速度です。

マンションタイプの速度が遅い理由は、建物内でauひかり利用者の全員と一つの回線を共通しているからだといわれています。

僕は1年以上このマンションタイプV16を利用しているのですが、確かに回線が混雑する夜中になると通信が遅くなるように感じられます。

マンションの料金プランと回線速度は、住んでいる建物によって決まってしまうので選択することができません。

また、auひかりの戸建てタイプの場合は都心限定ですが5Gプランと10Gプランを選ぶことができます。

しかし、マンションタイプの場合は5G、10Gプランを実施していません。

なので、速度を重視して光回線を選びたい方はマンションの速度を確認したうえで他社と比較しましょう。

 

スポンサーリンク

auひかりマンションタイプのメリット・デメリット

auひかりのメリット・デメリットを以下にまとめました。

auひかりマンションタイプのメリット
・auスマホとセットで割引される
・初期費用や解約費用が安い
・プロバイダが選べる
・キャッシュバックが貰える
auひかりマンションタイプのデメリット
・auひかりの提供エリアが限定的
・料金プランや速度が自分で選べない
・建物によっては速度が遅い

結論を先に言うと、auひかりのマンションタイプは料金を安く抑えたい方には絶対おすすめです!

高額キャッシュバックが簡単かつ確実に貰えるので、一番お得に申し込むことができる窓口は下記になります。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

キャッシュバックは受け取りやすさが重要です。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

※2月以降は開通工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

 

スポンサーリンク

 

auひかりマンションタイプの料金と速度

auひかりマンションの料金と速度を以下の表にまとめました。

タイプ月額料金下り最大速度[上り]
タイプⅤ[16契約以上]3,800円100Mbps
[35Mbps]
(一部、下り最大70Mbps、上り30Mbps)
タイプⅤ[8契約以上]4,100円
都市機構デラックス3,800円
マンションギガ4,050円1Gbps
マンションミニ5,000円
タイプE3,400円100Mbps
タイプF3,900円
タイプG[16契約以上]4,300円664Mbps
[116Mbps]
タイプG[8契約以上]4,600円

auひかりのマンションタイプは、マンションのオーナーとauひかりの契約で決められているので、どのタイプにするか選ぶことができず、住んでいる建物で決まってしまいます。

インターネット回線の最大速度は理論上の最大値になるので、実際にそこまでの速度は出ません。

僕は現在タイプV16のアパートに住んでいるので、一番上のマンションタイプです。

このマンションタイプはVDSL方式という配線方式を採用しているタイプで、速度が遅いと良く言われるので体験談も交えて後ほど詳しく説明します。

それでは皆さんのマンションタイプを見てください。

マンションギガ・ミニギガ

戸建てタイプと同じように最大1Gbpsの速度が可能なマンションタイプです。

マンションタイプの中では最も速度が速いタイプになるので、そのぶん料金も高めです。

光ファイバーをそのまま各部屋に配線するので、戸建てと同じ速度が可能になります。

マンションミニギガは、3階建て以下でかつ部屋数が8戸以上のマンションなどの集合住宅が対象です。

速度面では他社と比べても十分快適な環境と言えますが、料金が高いという側面があるので料金を重視したい方は他社と比較してみてください。

マンションタイプE

マンションタイプEは、最大100Mbpsですが料金が安いマンションタイプです。

建物の共用部まで光ファイバーを引き込み、共用部から部屋までは棟内LANケーブル(イーサネット)を配線して利用します。

棟内LANケーブルは電話線よりも干渉が少ないため安定した速度で利用可能です。

また、タイプVと同じように建物内でauひかりを契約している世帯数によって料金が異なります。

16契約以上⇒3,900円
8契約以上⇒4,200円

料金を安く抑えたい方にとってはお勧めできるマンションタイプですよ。

マンションタイプF

マンションタイプFは、建物共用部まで光ファイバーを引き込み、部屋までは棟内の光配線を通して利用するサービスです。

共用部までの光ファイバーと異なる光配線を利用するので、最大速度は100Mbpsになります。

また、光配線で繋げるので部屋にONU(光回線終端装置)の設置が必要です。

あまり部屋に機器を設置するスペースがないという方には悩ましいポイントかもしれません。

タイプV/都市機構デラックス

次に、マンションタイプVと都市機構デラックスについて紹介します。

僕が利用しているマンションタイプは前者のマンション「タイプV」です。

おそらく賃貸アパートなどの建物に住んでいる方にとっては最もポピュラーなタイプになります。

都市機構デラックスは、UR都市機構の賃貸住宅に申し込んでいる方を対象としたプランです。

どちらも「VDSL方式」という建物内の電話線を利用した配線方式を採用していて、新たに光ファイバーやLANケーブルの配線工事を行わなくいいので多くのマンションで導入されています。

「VDSL方式は遅い!?」という評判を聞いたことがある方もいると思いますが、電話線を通ると干渉をかなり受けるので確かに遅いです。

さらに電話線は劣化しやすいので、建物によっては最大速度の1/10も出ない場合があります。

料金は安いですが、速度を重視したい方には他社の光回線をお勧めします

マンションタイプG

マンションタイプGは、auひかりで新しく登場したマンションタイプです。

VDSL方式で提供している「タイプV」のマンションに対して導入が進み、従来の最大速度下り100Mbpsを超える最大速度下り664Mbpsを実現しています。

まだ始まったばかりなので、提供エリアは首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)と関西(大阪府、兵庫県)の一部マンションに限られていますが、もっとエリアが拡大していくことを期待したいですね。

アパートやマンションの管理会社にマンションタイプGの工事をお願いしてみると導入してもらえるかもしれませんよ。

日常生活では最低5Mbpsの速度で十分

これまでauひかりのマンションタイプの速度について言及してきました。

実際の僕の家のインターネット速度は以下の写真になります。

マンションタイプV16の最大速度は100Mbpsなので、半分の速度は出ているということです。

実際に一年以上利用してみて、何度かインターネットに繋がらなくなったり急に遅くなったりすることもありましたが、普段は快適にネットを使えています。

(後ほど、インターネットが繋がらなくなった場合の対処法について説明しますね)

自宅で日常生活を送るうえでは、ネットで検索したりYouTubeで動画を見たり、最近流行りのオンラインゲームをしたりするぐらいです。

利用目的にもよりますが、このような日常生活を送るだけであればインターネット速度は5Mbpsぐらいで十分だと一般的に言われています。

5Mbpsといえば、1Gbpsの200分の1、100Mbpsの20分の1です。

最低限の速度でも十分だという方には、料金が安い方の光回線を選ぶことをお勧めします。

auひかりマンションの料金を他社と比較

auひかりと他社のマンションタイプの料金を比較しました。

光回線月額料金セット割スマホキャンペーン
auひかり3,800円au最大45,000円キャッシュバック
ドコモ光4,000円docomo1万円分キャッシュバック
ソフトバンク光3,800円softbank他社違約金、撤去工事費を全額キャッシュバック
NURO光2,500円softbank1万円キャッシュバック
So-net光4,480円au3年間月額2,000円割引キャンペーン
BIGLOBE光3,980円au最大25,000円キャッシュバック
@nifty光3,980円au30,100円キャッシュバック

auひかりのマンションタイプはVタイプの16契約以上の料金です。

このように比較すると、auひかりは料金的にかなり安いことが分かります。

光回線ごとに実施しているキャンペーンも、auひかりはプロバイダのキャッシュバックが大きいのでかなりお得です。

料金を安く抑えたいという方には、auひかりのマンションタイプは本当におすすめできますよ。

auひかりマンションおすすめ申し込み窓口

auひかりの申し込み窓口はいくつもありますが、どの窓口にすれば良いか悩むところです。

auひかりのマンションタイプに一番お得に申し込むことができる窓口を紹介します!

僕がお勧めする理由は以下の5つです。

●マンションタイプで最大45,000円のキャッシュバックが貰える
●さらに他社の解約違約金を最大45,000円まで負担してくれる
●初期費用相当額割引きで工事費が実質無料!
●キャッシュバックが最短1ヶ月で受け取り可能
人気プロバイダ3社から選べる

また、KDDIから7期連続で優良代理店として表彰されているKDDI代理店なので、安心と信頼があります。

実際に僕もこちらから申し込みをしましたが、サポート体制がしっかりしていてオペレータの対応も良く本当にお勧めできる窓口です。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

キャッシュバックは受け取りやすさが重要です。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

※2月以降は開通工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

auスマートバリューが適用されるおすすめ光回線

auひかりのマンションタイプに不満がある方や住んでいるマンションがauひかりに対応していない方もいるでしょう。

そのような方たちには、auスマートバリューが適用される光回線がおすすめです。

auスマートバリューが適用される光回線

auスマホとセットでお得なサービス「auスマートバリュー」が適用される光回線を以下にまとめました。

●So-net光
●ビッグローブ光
●@nifty光
●J:COMネット
●コミュファ光(東海地方)
●メガエッグ(中国地方)
●ピカラ光(四国地方)
●eo光(関西地方)
●BBIQ(九州)

かなり多いですが、これらの回線は全てKDDI系列のインターネットサービスです。

隣にエリアが記載されている場合は、地方限定のインターネット回線になります。

auひかりがエリア外の方は、上記回線のauスマートバリューで月額料金が安くなるので非常におすすめですよ。

So-net光が一番おすすめ!


So-net光はauひかりよりも月額料金が安く、大手プロバイダのSo-netが利用できるので非常におすすめです。

So-net光がおすすめの理由5つ
auスマホとセットで月額料金が割引きされる
・大幅割引キャンペーンで月額料金が安い
・So-net光の電話オプションが12ヶ月間無料
v6プラス対応ルーターが12ヶ月間無料
・So-netのセキュリティ対策ソフトが無料

料金面でも速度面でも満足されている方が多いので、急激にユーザーを増やし人気を博している光回線です。

So-net光は全国的に展開している光回線なので、auひかりのようにエリアの確認は必要ありません。

So-net光の月額料金

So-net光マンションタイプの月額料金を以下にまとめました。

 1~36ヶ月37~48ヶ月48ヶ月~
月額料金2,980円4,480円4,480円
ー内訳ー
基本料金4,480円
回線工事費500円なし
割引キャンペーン-2,000円-500円なし

So-net光は3年契約のプランのみです。

月額料金が3年間2,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンに加えて、auスマートバリューが適用されるのでさらに料金は安いです。

また、回線工事費は24,000円で48ヶ月払いになりますが、割引キャンペーンで実質無料になります。

3年間の月額料金であれば、どのauひかりのマンションタイプと比較してもSo-netの方が安いですよ。

電話オプションが1年間無料

So-net光では、電話オプションが12ヶ月無料になるキャンペーンを実施しています。

固定電話は特に必要ないという方もいると思いますが、auスマートバリューを適用するには電話オプションへの加入が必須です。

auひかりでもauスマートバリューを適用するために電話オプションの加入が必須ですが月額500円かかります。

So-net光も通常であれば月額500円かかりますが、12ヶ月間無料になるのでかなりお得ですね。

v6プラス対応ルーターが12ヶ月間無料

v6プラス対応ルーターとは、IPv6接続に対応した無線LANルーターのことです。

Ipv6接続は、次世代型のインターネットプロトコルとして現在注目されています。

他の無線LANルーターとは速度面で大きな差があり、安定したインターネット接続が可能です。

このv6プラス対応ルーターが12ヶ月無料になるので、その速度を体感してみてはどうでしょうか。

セキュリティ対策ソフトが無料

So-net光のプロバイダは当然ながらSo-netになるので、セキュリティ面も充実しています。

人気のウイルス対策ソフトである「カスペルスキー」を無料で利用することが可能です。

カスペルスキーは、ウイルスバスターやノートンと同じように有名なセキュリティソフトの一つで、通常であれば月額500円かかります。

現代のインターネット環境において、セキュリティ管理の重要性は言わずもがなですよね。

安心してインターネットを使うためにも、So-net光のセキュリティ面のメリットを活用するのも良いかもしれません。

合計最大81,600円の月額料金割引が超お得!

2019年2月現在※So-net光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●2,000円の月額料金割引が36ヶ月続く!
●37ヶ月目以降24ヶ月間も400円割引!
●auの携帯料金が最大2,000円割引!
●v6プラス対応ルーター最大12ヶ月レンタル無料!
●人気のセキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

※2月以降は開通工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼合計最大81,600円の大幅割引!▼
高速Wi-Fiルーター12ヵ月無料!
『So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

auひかりマンションタイプのプロバイダ

auひかりのマンションタイプではプロバイダを4社から選ぶことができます。

戸建てタイプでは7社から選ぶことができましたが、その中でも人気の大手プロバイダが選択可能です。

選べるプロバイダ
@nifty、au one net、BIGLOBE、So-net

2年契約のお得プランAではなく、標準プランであればその他プロバイダも選べます。

4社プロバイダのそれぞれの特徴を以下にまとめました。

auひかり×@nifty

@niftyは人気の大手プロバイダです。

@niftyの公式サイトから申し込みで、月額料金が2年間2,260円割引きされるキャンペーンを実施しています。

残念ながらキャッシュバックキャンペーンは実施されていませんでした。

au one net

au one netはauひかり独自のプロバイダです。

キャッシュバックキャンペーンとして1万円のキャッシュバックと初期費用相当額の割引きが実施されます。

他社と比べると全くお得なキャンペーンを実施していませんが、auショップや公式サイトでお勧めされているので人気が高いです。

お得に申し込みたい方であれば他のプロバイダを選ぶことをお勧めします。

auひかり×BIGLOBE

BIGLOBEでは、キャッシュバックキャンペーンと割引キャンペーンのどちらかを選ぶことができます。

キャッシュバックキャンペーンの内容は以下の通りです。

・5万円のキャッシュバック
・他社違約金を3万円までBIGLOBEが負担
・他社違約金を3万円までKDDIが負担
・初期費用相当額が割引きされる

つまり、乗り換え時の他社違約金がなくても最低5万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

ただし、マンションV(16)タイプ、もしくは都市機構デラックスのお得プランA(2年契約)の場合です。

かなりお得なキャッシュバックキャンペーンになります。

auひかり×So-net

So-netはauユーザーの6割が利用しているという人気のプロバイダです。

キャッシュバックキャンペーンとして、戸建てであれば5万円のキャッシュバックが貰えますが、マンションタイプでは3万円のキャッシュバックになります。

また、月額料金が大幅に安くなる割引キャンペーンを選ぶことが可能です。

キャッシュバックキャンペーンの詳細は以下になります。

・3万円のキャッシュバック
・初期費用相当額が割引きされる
・他社違約金をKDDIが負担してくれる

BIGLOBEと比較すると見劣りしてしまいますが、お得なキャッシュバックを実施していますね。

auひかりはプロバイダの変更ができない

auひかりを申し込む際にプロバイダを選択しなければなりません。

現在使っているプロバイダを継続する方が多いですが、実際は新規で申し込みした方がお得になることもあるので見極めが必要です。

また、auひかりのプロバイダは途中で変更することができないので注意しましょう。

ドコモ光はプロバイダを26社から選ぶことができる光回線ですが、途中でプロバイダを変更することができます。

auひかりの場合は、一度auひかりを解約してから再度契約しなければプロバイダを変えることはできません。

なので、最初のプロバイダ決めが非常に重要になります。

おすすめのプロバイダはBIGLOBE

プロバイダを選ぶ基準は、申し込み時のキャッシュバックキャンペーンです。

auひかりマンションタイプで選べるプロバイダ4社の中で、BIGLOBEが一番キャッシュバックが高額です。

キャッシュバックの受け取り時期が遅い点がマイナスポイントになりますが、裏技を使えば問題ありません。

その裏技とは、安心できる代理店を仲介して申し込むことです。

僕がお勧めする代理店であれば、BIGLOBEだけでなくSo-net、@niftyのキャッシュバックも受け取ることができますよ。

auひかりマンションタイプの口コミ・評判

auひかりのマンションタイプについての口コミや評判をまとめました。

悪い評判から良い評判まで幅広くあったので全て公開します!

マンションがauひかりに対応してない!


やはりauひかりに対応しているアパートやマンションは少ないようです。

もし住んでいる建物がauひかりに対応していなかった場合、auスマホとセットでお得なauスマートバリューが適用される光回線をお勧めします。

また、マンションタイプでもインターネット速度を重視してい方は、NURO光がお勧めですよ。

auひかりの勧誘が多すぎる


auひかりではなくNURO光でしたが、僕も勧誘や営業をかけられたことがあります。

話を聞くだけといっても時間がかかるし断りにくいしで面倒ですよね。

基本的に、KDDIが自ら訪問や電話で営業をかけることはないので代理店の販売員ということになります。

悪質なケースだと、「マンションの管理会社の者です」や「インターネット回線業者の者です。」と嘘をついて家の中に入って営業する場合もあるので注意しましょう。

しかしKDDIやauひかりのサービスが悪いのではなく、あくまで代理業者が勝手にやっているだけなので気にする必要はないです。

本当にしつこくて困っている方は消費生活センターに相談しましょう。

auひかりは速度が優秀


auひかりマンションタイプの速度に満足されている方の声が多かったです。

上の口コミだと、僕と同じVDSL方式のマンションタイプなのに100Mbps近くも速度が出ていますね。

マンションタイプは同じでも、アパートやマンションによって速度に大きく差が出るようです。

しかし僕も速度に困ったことがないので、実際はインターネットの速度よりも通信の安定感の方が大事かもしれません。

通信障害が起きてしまうと全くWi-Fiが使えなくなってしまうので、その点ではauひかりは安定している方でしょう。

auひかりマンションタイプのキャンペーン

auひかりのマンションタイプで利用できるお得なキャンペーンを紹介します。

auスマートバリュー


auひかりとセットでauスマホの料金を安くするためにはauスマートバリューの利用が必要不可欠です。

キャンペーン内容

auスマホとauひかりをセットで契約すると、携帯電話料金が最大2,000円割引きになります。

割引額はスマホのプランによって異なるので以下の表を参考にしてください。

プラン割引額
auピタットプラン
(1GB~2GB)
翌日から
永年500円/月割引
※データ容量~1GBの月は対象外
auピタットプラン
(2GB~20GB)
翌日から
永年1,000円/月割引
auフラットプラン(20/30)翌日から
永年1,000円/月割引
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
翌月から
永年934円/月割引
データ定額5/20
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラットfor Tab/Tab(i)/Tab(L)
ISフラット(3G スマートフォン)
翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引
データ定額30翌月以降最大2年間 2,000円/月割引
3年目以降 934円/月割引

auひかり1回線でauスマホ最大10回線まで適用されます。

なので、家族で同じ住所に住んでいる場合は家族全員が割引対象です。

例えば、auひかりの家族で
父と母がauピタットプラン20GB
⇒1,000円割引×2人
祖父と祖母がauピタットプラン1GB
⇒500円割引×2人
息子と娘がauフラットプラン20GB
⇒1,000円割引×2人

家族全員で月額5,000円も割引されます!

適用条件

auひかり(ネット+電話)の申し込み
      +
auスマートフォン/4G LTEタブレット/auケータイで指定の料金プランやデータ定額サービスに加入

auひかりの電話オプションへの加入が条件になるので覚えておきましょう。

auひかりスタートサポート


他社からauひかりに乗り換える際にお得になるキャンペーンです。

キャンペーン内容

他社インターネットサービスを解約時に発生する解約違約金相当額を最大3万円まで還元してくれます。

還元方法は以下の通りです。

➀最大1万円をau WALLET プリペイドカードへのチャージまたは郵便為替にて還元
➁他社解約違約金が上限の1万円を超えた場合、その差額相当分をauひかり月額利用料から差し引いて還元

つまり、他社の解約違約金が1万円以下の場合は全額au WALLETまたは郵便為替での還元になり、1万円を超えた分がauひかりの料金から引かれます。

適用条件

●他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信端末から「auひかり マンションのネット+電話+電話オプションパック」に新規加入
●24ヶ月以上の継続利用をお約束

他社サービスを利用中にauひかりを申し込みしなければならないので注意しましょう。

auスマホの乗り換えでも使える

インターネットサービスだけでなく、他社携帯電話の解約違約金相当額もau WALLET プリペイドカードへのチャージで還元してくれます。

au携帯電話1回線につき、最大10,260円の還元です。

auひかりを検討しているけど現在他社の携帯電話を利用しているという方は本キャンペーンを利用すれば乗り換えでお得になります。

auスマートバリューの割引きが非常にお得なので、ネットもスマホも一緒にauに乗り換えるのがおすすめですよ。

申し込むなら今!最大50,000円キャッシュバック!

※auひかりを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●最大50,000円のキャッシュバック!
●最短1ヶ月後の受け取り!
●不要なオプション加入なし!
●申請手続きは申し込み時に完了!
●工事費実質無料!

高額キャッシュバックを掲げているサイトもありますが、受け取り条件がかなり複雑ですし、不要なオプションもつけられ、月額料金が高くなるのでおすすめしません。

キャッシュバックは受け取りやすさが重要です。

申し込み前に後悔しないよう、この記事では辛口評価していますが、素晴らしいサービスです。

申し込みは評判も良くキャッシュバックを実施している下記窓口がおすすめです。

※2月以降は開通工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大50,000円キャッシュバック▼
最短1ヶ月後の受け取り!&オプション不要!
『auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

インターネットが繋がらない時の対処法

ここでは、auひかりマンションでインターネットが繋がらない、速度が遅いなどのトラブルへの対処法を教えます。

僕自身の実体験のもと、効果的で実はあまり知られていない方法もあるので参考にしてください。

通信速度が遅い時の対処法

インターネットは一応繋がるけど速度が遅い場合の対処法を紹介します。

速度の低下については様々な原因が考えられるので、解決策を一つに限定することはできないです。

手っ取り早い方法から試していってください。

スマホやPC端末の容量を確認する

まずは最初に、スマホやPCの端末自体に原因がないかを確認しましょう。

スマホの使わないアプリをアンインストールしたり写真や動画を消去したりすることでスマホの動作が速くなることがあり得ます。

また、PCのメモリーの容量がいっぱいになってしまうと速度が遅くなるので注意が必要です。

古いスマホやPCを使っていると通信速度も遅くなってしまうので、定期的に買い替えたり古いバージョンをアップデートしましょう。

無線LANルーターの位置を変える

次に、無線LANルーターの場所に原因があるかもしれません。

無線LANは、使う端末が遠くにあったり壁で遮られてしまったりするほどWi-Fiが届きにくくなります。

また、無線LANルーターの周波数が似ている電子レンジやテレビの近くに置いてしまうことで速度が遅くなってしまうケースがあるので気をつけましょう。

他にも、ホームゲートウェイと光コンセントの距離が近い方が良く、光ケーブルや無線LANケーブルは短い方が良いです。

もしかしたらケーブルの接触が悪い場合があるので、ケーブルを抜き差しして機器の電源を一時的に切ってみるのも良いかもしれません。

無線LANルーターを交換する

現在使っている無線LANルーターが古いモデル、または劣化している場合があります。

auひかりからレンタルできる以下の内臓無線LAN(ホームゲートウェイ一体型)は最新のモデルなので問題ないですが、それ以外で他社でレンタルしていたり自前で購入したものは注意が必要です。

ギガ・ミニギガ用⇒BL900HW
タイプV⇒BL902HW
タイプG⇒BL1000HW
外付け無線LAN⇒WC1900HP

auスマートバリューを利用している方は、上記の最新無線LANルーターが無料でレンタルできるので申し込みしてみましょう。

インターネットが繋がらない時の対処法

一番困るのは、スマホでインターネットが全く使えない状態になることです。

ここでは、僕が実際にインターネットが使えなくなった際にすぐ実践していることを紹介します。

端末のネットワーク設定をリセットする

まずはインターネット接続を一旦切って、再度Wi-Fiに繋げてみます。

それでも改善しないようであれば、スマホ端末のネットワーク設定をリセットするしかありません。

実際に僕も年に2回ほどインターネットが使えなくなった時に対処した方法です。

僕が使っているスマホがiPhone7なので、iPhoneのネットワーク設定のリセットの流れを以下で説明します。

『設定』⇒『一般』⇒『リセット』⇒『ネットワーク設定をリセット』⇒パスワード入力

これでネットワーク設定がリセットされます。

再度、ネットワークの設定をするために無線LANルーターの後面に書かれているSSIDとパスワードを入力しなければなりません。

かなり面倒ですが、僕の経験上これで間違いなくインターネットが繋がるようになりますよ。

通信障害が起きてないかを確認

上記の方法が通用しなかった場合、それは回線で通信障害が起こっているかもしれません。

去年の年末にソフトバックが通信障害を何度も起こして問題になっていましたが、auでも何度も通信障害が起きています。

Twitterやネットニュースで確認して、通信障害が起きていないか確認しましょう。

このように、自分と同じ状況の人がツイートしている場合があります。

通信障害が起きている場合は、自分で直す手段がないので諦めて業者が直してくれるのを待ちましょう。

まとめ

これまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

冒頭でも説明しましたが、auひかりのマンションタイプは料金プランや速度を自分で決めることができないので自分で判断する必要があります。

他社インターネット回線と比較するために他の記事も参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー インターネットまるわかりガイド, 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*